日本HP、Windows 7を搭載したデスクトップPC新ブランド「HP Compaq Proシリーズ」 | RBB TODAY

日本HP、Windows 7を搭載したデスクトップPC新ブランド「HP Compaq Proシリーズ」

IT・デジタル ノートPC

HP Compaq 6000 Pro SF
  • HP Compaq 6000 Pro SF
  • HP Compaq 6005 Pro SF
  • デュアルディスプレイのイメージ
 日本HPは21日、法人向けデスクトップPCのエントリーモデルを新ブランド「HP Compaq Proシリーズ」として刷新。インテル製CPU搭載の「HP Compaq 6000 Pro SF」、AMD製CPU搭載の「HP Compaq 6005 Pro SF」の2機種を発表した。10月22日から直販サイトや販売代理店を通じて発売を開始。

 同製品は、黒を基調とした新しいデザインを採用した法人向けデスクトップPC。省スペースのタワー型となっている。HP Compaq 6000 Pro SFの最小構成は、OSがWindows 7 Professional(Windows XP Professional SP3適用済み)、CPUがCeleron 450(2.2GHz)、メモリが1GB(最大16GB)、HDDが160GB(7,200回転)、光学ドライブがDVD-ROM。インターフェースはUSB2.0×10(フロント×4/バック×6)/ミニD-sub15ピン/シリアルポート/ PS/2など。また、次世代規格のデジタル映像出力ポート、DisplayPortを搭載することでデュアルディスプレイ表示に対応した。価格は70,350円。

 HP Compaq 6005 Pro SFの最小構成は、OSがWindows 7 Professional(Windows XP Professional SP3適用済み)、CPUがデュアルコアのAthlon II X2 B22(2.8GHz)、メモリが2GB(最大16GB)、HDDが160GB(7,200回転)、光学ドライブがDVD-ROM。チップセットはAMD 785Gを採用し、内蔵グラフィックスのRadeon HD 4200はDirect X 10.1に対応する。インターフェースはHP Compaq 6000 Pro SFに準ずる。本体サイズは共通で幅100×高さ338×奥行き378mm、重さは約7.26kg。価格は77,700円。なお、直販のカスタマイズ仕様では64GBのSSDモデルなども選択可能だ。

 そのほか、ビジネス向けノートPC「HP ProBook 4310s」(13.3型)、「HP ProBook 4510s」、「HP ProBook 4515s」(ともに15.6型)、「HP ProBook 4710s 」(17.3型)、同じくビジネス向けデスクトップPC「HP Compaq Business Desktop PC dc7900シリーズ」、「HP Compaq Business Desktop PC dx7500シリーズ」にWindows 7搭載モデルを追加した。
《小口》

関連ニュース

特集

page top