ソニー、単眼レンズの3Dカメラ技術を開発——毎秒240フレームでなめらかな3D映像を実現 | RBB TODAY

ソニー、単眼レンズの3Dカメラ技術を開発——毎秒240フレームでなめらかな3D映像を実現

IT・デジタル テレビ

ソニーが開発した単眼レンズの3Dカメラ試作品
  • ソニーが開発した単眼レンズの3Dカメラ試作品
  • 単眼レンズ3D光学系システム上面図
 ソニーは1日、毎秒240フレームで撮影可能な単眼レンズ3Dカメラの技術を開発したと発表。6日から千葉・幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN2009」にて、試作品の参考展示を行なう。

 今回開発された単眼レンズのシステムは、従来の右眼用・左眼用の2つの光学特性を持つことによって生じる光軸や画像サイズ、フォーカスのずれを抑制することが可能。シャッターの代わりにミラーを採用することで、リレーレンズにおける平行光領域(物体側焦点位置の点光源から広がる光が平行になる領域)で、入射光を同時に左右の画像に分離し、撮影することを実現したという。また、毎秒240フレームのハイフレームレートイメージセンサーを搭載。これにより、動きの激しい場面においても自然でなめらかな3D映像を可能にしたとうたう。

 参考展示される試作品は、毎秒240フレームの3.5型ビューファインダー付。おもな仕様は、撮像素子がCMOSイメージセンサー、方式が単板カラーフィルター方式(2枚使用)、分光系が光学ミラー方式、本体サイズが幅240×高さ200×奥行き480mm、重さが18kg。

 同社は2009年9月2日の段階で、液晶テレビ「ブラビア」を手始めに、2010年から家庭向けに3D映像機器を提供することを発表しており、今後さらに3D機器開発に注力していく予定だ。
《小口》

関連ニュース

特集

page top