米インテル、新しいテレビ体験を提供するシステム・オン・チップ「Atom CE4100」 | RBB TODAY

米インテル、新しいテレビ体験を提供するシステム・オン・チップ「Atom CE4100」

 米インテルは現地時間24日、サンフランシスコで開催中の開発者向け会議「インテル・デベロッパー・フォーラム(IDF)Fall 2009」において、メディア・プロセッサー・ファミリー最新のシステム・オン・チップ(以下SoC)「Atom CE4100」を発表した。

IT・デジタル テレビ
Atom CE4100(左側のチップ)を説明するインテル上席副社長兼デジタルホーム事業本部長のエリック・キム氏
  • Atom CE4100(左側のチップ)を説明するインテル上席副社長兼デジタルホーム事業本部長のエリック・キム氏
 米インテルは現地時間24日、サンフランシスコで開催中の開発者向け会議「インテル・デベロッパー・フォーラム(IDF)Fall 2009」において、メディア・プロセッサー・ファミリー最新のシステム・オン・チップ(以下SoC)「Atom CE4100」を発表した。

 Atom CE4100(開発コードネーム:Sodaville)は、45nmプロセスを採用した初のデジタル家電向けのSoC。1つのチップでインターネット/放送の両方のアプリケーションに対応可能となっている。

 周波数は最大1.2GHzで動作。従来のCE3100との下位互換性を備え、ハイビジョン品質の画像に対応するPrecision Viewテクノロジーと、オーディオ/ビデオ用のMedia Playテクノロジーを搭載。ハードウェア・デコーディングにより、同時に2つの1080p映像再生が可能となり、3Dグラフィックス/オーディオ規格にも対応するという。加えて、DivX Home Theater 3.0認証に対応可能なMPEG-4ハードウェア・デコーディング、内蔵のNANDフラッシュ・コントローラー、DDR2とDDR3メモリのサポート、および512KのL2キャッシュなども搭載している。

 講演では、インテル上席副社長兼デジタルホーム事業本部長のエリック・キム氏が「従来の放送ネットワークは、既存の“リニア・モデル”からインターネットに最適化されたモデルへと急速に移行している。Atom CE4100はこの革新の中心となり、インターネットに接続されたデジタル家電に求められる機能を提供する」と述べた。

 Atom CE4100には「TVウィジェット」と呼ばれるインターネット・アプリケーションを開発するためのソフトウェア・フレームワーク「Widget Channel」を用意。米大手放送局CBSを始めとする業界各社と協力し、TVウィジェットのギャラリーを拡大しているという。TVウィジェットの効果について、CBS Marketing 社長のジョージ・シュワイツァー氏は、「TVウィジェットはCBSと視聴者を繋げ、双方向にコミュニケーションし、同時に魅力的な新しいテレビ体験を提供可能な新しいプラットフォームを実現する」と語った。
《小口》

特集

page top