スカパー!、2010年にはハイビジョン100chに!下期は契約数アップの天王山 | RBB TODAY

スカパー!、2010年にはハイビジョン100chに!下期は契約数アップの天王山

 スカパーJSATは11日、スカパー!HD第二期サービスの開始について本社で会見を開催した。

ブロードバンド その他
代表取締役 執行役員社長の秋山政徳氏
  • 代表取締役 執行役員社長の秋山政徳氏
  • サービス別契約者の推移
  • チューナー
  • 会場の設置風景
 スカパーJSATは11日、スカパー!HD第二期サービスの開始について本社で会見を開催した。すでに記事でお知らせしているように、同社ではハイビジョンチャンネルを今年度末までに70チャンネルに拡大する予定だ。具体的には、10月に58チャンネル、2010年春までに70ch以上、2012年には100チャンネルを目指す。

 代表取締役 執行役員社長の秋山政徳氏は、10月からの放送をHDによる放送革命と表現。高品質な国内外のコンテンツをハイビジョンで提供し、2010年には世界でもトップクラスの事業者になるとアピールした。また、人々のライフスタイルが変化してきており、その生活スタイルに合わせた番組のラインナップを提供する必要がある、として多チャンネルの魅力を強調。家電メーカー、量販店と協力して積極的にアピールしていくとした。

 同社にとって下期は収益アップの天王山で、来年のワールドカップ生放送の盛り上がりにつなげたい考え。スカパー!e2の契約者は上がってきているが、スカパー!の契約者は2005年度をピークに下がってきているのが現状だからだ。それだけに、今回のハイビジョンチャンネル拡充にかける気持ちは強い。スカパー!HDの主要パックは、10月からハイビジョン40chを視聴可能な「スカパー!よくばりパックHD」、「スカパー!よくばりパックHD」のなかから15チャンネルを視聴可能な「スカパー!えらべる15HD」となる。

 具体的な新規加入者に対する施策としては、16日から来年3月末まで「ハイビジョン&多チャンネルキャンペーン」を展開。アンテナサポートプログラムとして、マルチ衛星アンテナ+標準取り付けを5,000円で提供。セットキャンペーンとして、テレビ、レコーダー購入時の加入で5,000円プレゼント(アンテナ+設置が実質0円)、チャンネル契約キャンペーンとして、「よくばりパックHD」の契約で3,000円キャッシュバック、などを予定している。

 一方、既加入者のSDからHDへの移行施策として、スカパー!HD対応チューナー(SP-HR200H)レンタル料630円/月が6ヵ月間無料、「よくばりパックHD」4,700円/月が6ヵ月間 3,500円に、「えらべる15HD」3,800円/月が6ヵ月間 2,800円に、といったアップグレードキャンペーンも展開する。

 HD対応チューナーは、ソニー製「DST-HD1」とスカパー!ブランドの「SP-HR200H」を用意。「DST-HD1」は10月の衛星ダウンロードで「スカパー!HD録画」に対応するという。

 会場ではソニー製「DST-HD1」と9月中旬発売予定のソニー製BDレコーダーにより、ポータブル機器などに映像を持ち出すことができる「おでかけ転送」などがアピールされていた。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top