マイクロソフト、画質にこだわり抜いたハイビジョン対応のwebカメラ | RBB TODAY

マイクロソフト、画質にこだわり抜いたハイビジョン対応のwebカメラ

 マイクロソフトは14日、ハイビジョン動画に対応したwebカメラ「Microsoft LifeCam Cinema」を発表。10月2日から発売を開始する。予想実売価格は8,400円前後。

IT・デジタル ノートPC
LifeCam Cinema
  • LifeCam Cinema
  • LifeCam Cinema(正面)
  • LifeCam Cinema(側面)
  • LifeChat LX-1000
 マイクロソフトは14日、ハイビジョン動画に対応したwebカメラ「Microsoft LifeCam Cinema」を発表。10月2日から発売を開始する。予想実売価格は8,400円前後。

 同製品は、HD720p(1,280×720ピクセル)のハイビジョン画質で撮影可能。また、ガラス製レンズを装備したことで、クリアで歪みのない画像の撮影ができる。ボディは軽くて耐久性の高いアルミニウム製ボディを採用。本体サイズは幅25×高さ98×奥行き53mm、重さは約94g。

 「クリアフレームテクノロジ」機能により、暗い場所で撮影時に起こるノイズを軽減し、残像を抑え、鮮明な映像を実現するという。また、「メカニカルオートフォーカス」機能を搭載し、ピントの調整が必要なく映像を映すことができる。

 内蔵デジタルマイクにノイズキャンセル機能を採用。台座部は、上下の振りに加え360度回転し、被写体を簡単に捉えることができる。また、ハイビジョンに対応した沖電気工業製のテレビ会議システム「Visual Nexus」に対応し、高精細なビデオ会議ソリューションを可能にした。

 動作環境は、Windows 7/Vista/XP(SP2以上)に対応。CPUがPentium Dual-Core 1.6GHz以上(推奨Pentium Dual-Core 3.0GHz以上)、メモリ1GB以上(推奨2GB)、HDDの必要空き容量は1.5GBとなっている。インターフェースはUSB2.0。

 あわせて、同社から「Microsoft LifeChat LX-1000」が発表。同製品は、音楽鑑賞、ビデオチャットなど、あらゆる用途に使用できるオーバーヘッドタイプのヘッドセット。手元のコントローラーで音量調節が可能となっている。本体サイズは幅14.5×高さ4.5×奥行き16cm、重さは約82g。予想実売価格は2,520円前後。
《》

関連ニュース

特集

page top