ケータイ感覚で使用可能——ソフトバンク、通信モジュール搭載のネットブックを9月1日から販売 | RBB TODAY

ケータイ感覚で使用可能——ソフトバンク、通信モジュール搭載のネットブックを9月1日から販売

IT・デジタル ノートPC

IdeaPad S10(通信モジュール搭載モデル)
  • IdeaPad S10(通信モジュール搭載モデル)
  • IdeaPad S10(通信モジュール搭載モデル)
 レノボ・ジャパンは、ソフトバンクモバイルの通信モジュールを搭載したネットブック「IdeaPad S10」を発表。9月1日からソフトバンクモバイルオンラインショップにて発売する。

 同製品は、ソフトバンクモバイルの通信モジュールW-CDMA/GSMを搭載。プロバイダー契約も必要なく、購入後、すぐにインターネットの利用が可能となっている。感覚的には携帯電話の利用に近いものとなっており、ソフトバンクモバイルの「新スーパーボーナス」プランに加入した場合は、24回/12回の支払方法から分割プランを選択。その際の機器の購入額は合計で48,000円となる。新スーパーボーナスに加入せずに機器を購入した場合は、62,790円。

 カラーはパールホワイトのみ。最薄部が22mm、重さ約1.38kgで気軽に持ち運べ、外出先でも気軽にインターネットを楽しむことができる。電源を切った状態から、すぐにインターネットの利用や写真の閲覧、音楽再生などが可能な「クイック・スタート機能」、ひんぱんに使用するアプリケーションを簡単に起動できる「NOVOボタン」など、便利な機能を搭載した。

 液晶ディスプレイは10.1V型ワイドだが、1,024×576ピクセルとなりレノボ製10.1V型ネットブックのIdeaPad S10-2よりも表示画面はやや小さめ。ワイヤレスWANは国内ではW-CDMA方式、海外ではW-CDMA方式とGSM方式(850/900/1,800/1,900MHz)に対応。ワイヤレスLANはIEEE802.11b/g(WiFi準拠)に対応する。

 おもなスペックはOSがWindows XP Home Edition SP3(32ビット)、CPUがAtom N270(1.6GHz)、HDDが160GB、メモリが1GB(最大2GB)となる。また、webカメラ(130万画素)、4in1カードリーダー、ミニD-sub15ピンも搭載する。本体サイズは幅250×高さ22〜36×奥行き196mm、バッテリは6セルで駆動時間は約5.3時間。
《小口》

関連ニュース

特集

page top