KDDI、LTE対応のM2M通信モジュールを国内初発売 | RBB TODAY

KDDI、LTE対応のM2M通信モジュールを国内初発売

エンタープライズ モバイルBIZ

「KYM11」外観
  • 「KYM11」外観
  • 「KYM11」スぺック
  • 料金
 KDDIと沖縄セルラーは12日、国内の通信事業者としては初めて、LTE対応の通信モジュール「KYM11」(京セラ製)を法人向けに販売することを発表した。5月19日より販売と、専用料金プランの提供を開始する。

 「KYM11」は、プラチナバンド800MHz「4G LTE」に対応し、受信速度最大75Mbpsでの高速M2M通信が可能な通信モジュール。LTE対応により、地図データや動画といった大容量コンテンツのやりとりもM2Mで行えるようにする製品だ。災害・避難情報、津波警報を受信する「緊急速報メール」に対応する他、SIMカードやUSBを組み込み製品で利用できる外部インターフェイスも搭載する。

 料金プランは、受信速度最大75Mbpsでの通信が可能になる「LTEモジュールフラット」(6,700円/月)、運用コストを重視した「LTEモジュールダブル定額」(300KBまで800円/月、300KB以降1.0円/KB・最大で2,800円/月)の二種類が用意される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top