NEC、通信事業者向けLTE関連教育プログラムを発表 〜 Web研修などで受講可能 | RBB TODAY

NEC、通信事業者向けLTE関連教育プログラムを発表 〜 Web研修などで受講可能

エンタープライズ その他

22講座の内容
  • 22講座の内容
 日本電気は7日、次世代携帯電話サービスであるLTE(Long Term Evolution)の導入を検討している通信事業者を対象にした教育プログラムを発表した。同日より受講の申込受付を開始する。

 NECは、LTEを戦略的に重要な市場として位置づけてそのサービスを実現する機器の開発を進めている。今回あわせて、LTEサービスを検討している通信事業者に向けて、LTE製品の基礎技術解説のほか、ネットワークの構築企画立案、保守、工事に関する総合的な教育など、22講座を準備した。

 本講座は、東京・田町研修センター(NECラーニング)にて集合形式で行われるが、受講者が職場あるいは自宅からWebを経由してリモートでアクセスして受講することも可能。ストリーミングビデオでの研修(ビデオ研修)、Webでの研修、また、実機を操作しているかのようにパソコンから仮想の装置を操作する研修(リモートバーチャルラボ研修)など、時間や場所を気にせずに教育が受けられる環境を、日本語・英語の両言語で提供する(英語教育の申し込み受付開始時期は本年8月下旬ごろの予定)。特に、海外の通信事業者向けには、これらの研修に加え、必要に応じ日本から講師を現地に派遣するなど、グローバルに教育を展開していくとのこと。

 講座は「基礎研修コース」「保守運用コース」「プランニングコース」の3コースに分かれており、「LTE 概要」「LTE エアインターフェース」「E-UTRA」から「LTE 装置」「eNB OAM」「IOMC システム概要」、さらに「RF プランニング」「QoS&セキュリティプランニング」までの内容が用意されている。一部は事業者でなく一般も受講可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top