BSAメンバー企業、某調査会社の違法コピーと一億円で和解 〜 従業員数100名以下企業では過去最高 | RBB TODAY

BSAメンバー企業、某調査会社の違法コピーと一億円で和解 〜 従業員数100名以下企業では過去最高

エンタープライズ その他

BSA(日本)への情報提供件数推移
  • BSA(日本)への情報提供件数推移
  • ビジネスソフトの著作権侵害に関する和解額ワースト10
 ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は23日、BSAメンバー企業と東京都所在の調査会社Aとの間におけるビジネスソフトウェアの著作権侵害に関し、総額一億円の和解が成立したと発表した。

 一億円の和解額は、国内におけるBSAへの通報を端緒とする事案では10番目に高額なもので、従業員規模100名以下の中小企業に限れば過去最高額となるという。今回の事件は、BSAが組織内違法コピー撲滅のため開設している情報提供窓口への通報が端緒となり発覚した。2009年3月に権利者であるBSAメンバー企業が調査会社Aに対し、組織内で使用されているビジネスソフトウェアの不正利用の可能性を代理人を通して指摘。その後の調査会社Aの内部調査の過程で、Adobe IllustratorやAutoCAD、Microsoft Officeなどのソフトウェアの違法コピーが発見されたため、権利者であるアドビ システムズ、オートデスク、マイクロソフトの代理人により調査会社Aとの間で問題解決に向けた協議を重ねていた。

 なお、調査会社Aはメンバー企業との和解で、ソフトウェアの違法コピーを行わないことを約束した他、社員による違法コピーや利用防止に向けた、教育、指導などの徹底を約束し、すでにソフトウェアの利用状況改善に着手しているとのこと。

 BSA日本担当事務局長の松尾早苗氏は「中堅・中小企業で、和解額規模のこれほど大きな著作権侵害がなされていたことに非常に驚いています。BSAへの通報は、2003年から2008年の間に約3倍増となる544件へと急激な増加を見せており、そのうち75%が従業員規模100名以下の中小企業での不正を告発するものでした。世界的な景気低迷が続く中BSAでは、経費節減を理由とした組織内での違法コピーが増加しないよう、不正防止を呼びかけていきます」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top