スマホのLEDタイトで真贋判定!DNPの新型ホログラム | RBB TODAY

スマホのLEDタイトで真贋判定!DNPの新型ホログラム

IT・デジタル セキュリティ

工業部品や医薬品、化粧品などの模造品・海賊版対策に使用できる。従来のような顕微鏡や特殊フィルムなど特別なツールを必要とせず、スマホのライトなど点光源のLEDで真贋判定できる(画像はプレスリリースより)
  • 工業部品や医薬品、化粧品などの模造品・海賊版対策に使用できる。従来のような顕微鏡や特殊フィルムなど特別なツールを必要とせず、スマホのライトなど点光源のLEDで真贋判定できる(画像はプレスリリースより)
  • LEDを当てると文字や絵柄が浮かび上がる。この状態をスマホのカメラで撮影しメールで送付することで、遠隔地にいる関係者間でも情報を共有することができる(画像はプレスリリースより)
 大日本印刷は14日、スマートフォンのLEDライトなどを照射すると表面に文字や絵などが浮かび上がり、工業製品等の真贋判定に活用できるホログラム製品「DNPホログラム LED判定」を開発し、12月中の販売開始を発表した。

 ホログラムに微細な凹凸形状が施されており、LEDの点光源の光を当てると文字や絵柄が浮かび上がるという仕組み。ハンディタイプのLEDライトやスマートフォンのLEDライトなどを使って真贋判定ができ、従来のような顕微鏡や特殊フィルムなど特別なツールを必要としないため、真贋判定する際の手間やコストを省くことができる。

 ちなみにスマートフォンのカメラで、表面に文字や絵が浮かび上がった状態を撮影できるので、その画像をメールで送付して関係者間で真贋判定の結果を共有するといったことも可能だ。また、マイクロ文字など従来からあるホログラムのセキュリティ要素と組み合わせることで、更にセキュリティレベルを向上させることも可能だ。

 従来の工程を変えずに新タイプのホログラムを製造できるため、従来から大きくコストを上げることなく導入できる。想定する販売先は自動車部品や工業部品、医薬品や化粧品のメーカーなど。2017年度の売り上げ目標は3億円。
《防犯システム取材班/鷹野弘》

関連ニュース

特集

page top