家庭の危機!? 「最近夫以外の男性にときめいた」主婦は74.0% | RBB TODAY

家庭の危機!? 「最近夫以外の男性にときめいた」主婦は74.0%

エンタメ その他

調査結果
  • 調査結果
 P&Gは、柔軟剤入り洗剤「ボールド」の7月のパッケージリニューアルを記念して、全国の25歳〜49歳の主婦と20代男性を対象とした「ときめきに関する意識調査」をインターネット上で実施した。

 調査結果によると、87.3%の主婦が「結婚していても、ときめきは必要である」と回答している。しかし、実際のときめき満足度に関しては「満足度25%位のプチときめき不足主婦」と自身を思っている人が48.8%と半数近く、結婚後は夫にときめきを感じていないという人は60.5%だった。

 夫とときめきを保つ秘訣について尋ねると、第1位が「女としてきれいを保つために努力する」という結果となり、ときめきを保つために自らを磨く努力をしているポジティブな主婦が多いことが見受けられた。

 ときめく対象について尋ねると、「最近夫以外の男性にときめいた」割合は74.0%で、「年下男性にときめいたことがある」人が46.8%だった。「最近ときめいた人」の第1位は「年下の有名人」となった。

 主婦層での年下男性の人気が目立ったが、実際に主婦が「自分にときめいて欲しい人」は「夫」が72.0%と大半を占める結果となった。年下男性で“ときめき充電”を行いつつ、やはり一番気になる存在は夫だということが推測される。

 一方20代男性の結果を見てみると、「年上の女性に魅力を感じる」割合は81.6%で、その内、既婚者である「主婦にときめいた経験がある」と回答した人が39.8%となった。

 「平成の主婦像」について尋ねると、「女性としてのきれいをあきらめない」が1位、「夫に対等ないしは対等以上に接している」が2位となった。また、「魅力的な主婦の条件」を尋ねると、1位は「女性としてきれいでいようと努力している」、2位は「家事・子育てを楽しんでいる」となった。

 「子どもの頃イメージしていた主婦と比較して、今どきの主婦は女性としてステキだと思う」という声も過半数を超えており、年を重ねてもきれいでタフな現代の“イケママ”に魅力を感じる20代男性が多いことが推測される。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top