IDCフロンティア、日本版クラウド型システム開発基盤を提供開始 | RBB TODAY

IDCフロンティア、日本版クラウド型システム開発基盤を提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ

 IDCフロンティア(旧名ソフトバンクIDC)は23日、日本電気(NEC)およびマイクロソフトと協力し、日本発の日本版クラウド型システム基盤「NOAHプラットフォームサービス」を発表した。6月30日より提供を開始する。

 IDCフロンティアでは次世代ITサービスを「NOAH」(No Other Application and Hardware)ブランドの名称で提供中。NOAHプラットフォームサービスは、NEC製の「Express 5800/スケーラブルHAサーバ」を利用し、IDCフロンティアがシステム開発に必要なサーバやストレージなどのITリソース、ラックスペースといった設備、またWindows Server OSなどのライセンスを管理する。また、マイクロソフトのHyper-Vを仮想化テクノロジーとして用い、柔軟な構成変更を可能にし、System Center Virtual Machine Manager 2008により仮想化実現環境の管理レベルの向上が図られている。価格は25,300円(最小構成/税抜価格・ライセンス料別途、契約期間1か月単位)〜で、国内クラウドサービス市場最安値とのこと。

 日本電気 ITプラットフォームマーケティング本部長の吉泉康雄氏は「NECはこれまで企業向け基幹システムを支える高信頼・高性能なプラットフォームの提供を行っており、多くの実績を有しています。このたびIDCフロンティア様が提供開始したサービス基盤は、基幹システム向けに開発された高信頼・高性能な当社製サーバを中核とし、最新の仮想化基盤を搭載しているなど、信頼性・拡張性に優れたクラウドサービスを提供可能となっています。NECは今後も市場のニーズに対応する高信頼・高性能なサーバを提供してまいります」とのコメントを寄せている。またマイクロソフト 業務執行役員サーバプラットフォームビジネス本部 本部長の五十嵐光喜氏は「Hyper-Vを搭載した、Windows Server 2008 Enterpriseと、System Center Virtual Machine Manager 2008を組み合わせることにより、効率的なハードウェア・リソースの活用と柔軟性の高い管理が可能になり、クラウドプラットフォームにおけるTCOの大幅削減が期待できます。今後もIDCフロンティア様との緊密な協力関係のもと、お客様のビジネスの成長を強力に支援する強力なプラットフォームを提供していく所存です」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top