インテルとサイトロック、インテルvProテクノロジー対応SaaS型運用管理ソリューションを提供開始 | RBB TODAY

インテルとサイトロック、インテルvProテクノロジー対応SaaS型運用管理ソリューションを提供開始

 インテルとサイトロックは10日、企業向けPCの運用管理の効率化とセキュリティー対策に向けたソリューションの展開に向けて協力することを発表した。

エンタープライズ その他
 インテルとサイトロックは10日、企業向けPCの運用管理の効率化とセキュリティー対策に向けたソリューションの展開に向けて協力することを発表した。インテルvProテクノロジー対応SaaS型運用管理ソリューションの提供を開始する。

 具体的には、インテルの先進ハードウェア技術である「インテルvProテクノロジー」を搭載するビジネス・クライアントPCとサイトロックが提供するSaaS(Software as a Service)型運用管理プラットフォーム「SRS(siteROCK Remote Station)」を組み合わせて企業のIT管理者およびマネージメント・サービス・プロバイダ(MSP)事業者への販売を強化する。本ソリューションを利用することで、企業のIT部門は、保有するPCの運用管理やセキュリティー対策の強化など、業務効率化とコスト削減が実現可能とのこと。一方、MSP事業者は、SaaS型の利点を活かしIT管理業務の効率化とともに、展開するサービスに付加価値をつけることができる見込みだ。

 このインテルvProテクノロジー対応SaaS型運用管理ソリューションの利用により、IT管理者およびMSP事業者はインターネット経由で提供されるSRSの運用管理メニューから、問題の発生しているPCの検知(監視)、ネットワーク接続の管理と遮断、ソフトウェア・パッチの配布や電源のON/OFF制御など、クライアントPCに生じた問題からの復旧作業を遠隔地からでも対応できる。これらの各種作業は、あらかじめ自動化することも可能。さらに、SRSの運用管理メニューからウィルス対策の適応状況やソフトウェアのライセンス状況などを一元管理することにより、企業のセキュリティー・ポリシーを徹底させることもできる。

 今後両社は、本ソリューションの実践セミナーを、インテルの東京本社内に設置されたインテルデジタル・エンタープライズ・ショールームにて、毎月共同開催し、効率的な運用管理やセキュリティー対策、IT統制の意識向上を訴求していくとしている。また「SRS」については、同日10日から幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2009」のクラウドコンピューティング クラスルームでも紹介される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top