名物・通天閣の消灯も 〜 日立、グループ全体で「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に参加 | RBB TODAY

名物・通天閣の消灯も 〜 日立、グループ全体で「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に参加

日立グループは17日、環境省が実施する「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に参加することを発表した。

エンタープライズ その他
大阪名物・通天閣の日立のネオンも、消灯されることに
  • 大阪名物・通天閣の日立のネオンも、消灯されることに
日立グループは17日、環境省が実施する「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に参加することを発表した。

 6月21日と7月7日の20時から22時の間、通天閣(大阪府大阪市)や日立駅前ネオン(茨城県日立市)など、日本国内の日立グループ各社が持つネオンサイン、広告塔、看板照明、構内外灯など127か所の灯りを消灯する。この内80か所では、消灯時間の延長、または6月21日〜7月7日の「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」期間中も継続して消灯する。

  「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」は、国民一人ひとりが、日常生活の中で、地球温暖化問題について考える機会を提供することを目的としたキャンペーン。日立グループの試算では、6月21日と7月7日の20時から22時の間で、電力使用量約3,600kWh、CO2換算で約1.6トンを削減する見込み。また、6月21日から7月7日の17日間で、電力使用量約116,500kWh、CO2換算で約52.5トンを削減する見込みとのこと。この17日間での削減量は、1世帯が1日に平均的に使用する電力量約10,100世帯分に相当する見込みだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top