サンヨー、「エコ」を打ち出した省電力のモバイルプロジェクタ | RBB TODAY

サンヨー、「エコ」を打ち出した省電力のモバイルプロジェクタ

 サンヨー電機は2日、待機電力0.4Wの省エネルギーを実現したモバイルプロジェクタ「LP−XW250」、「LP−XW200」の2モデルを発表。7月21日より発売する。価格はオープン。

IT・デジタル テレビ
LP-XW250/ LP-XW200
  • LP-XW250/ LP-XW200
  • 背面部
 サンヨー電機は2日、待機電力0.4Wの省エネルギーを実現したモバイルプロジェクタ「LP−XW250」、「LP−XW200」の2モデルを発表。7月21日より発売する。価格はオープン。

 同製品は、電源回路を新規設計することにより、同社従来機種に比べて、待機時の消費電力を約5分の1(0.4W)に低減。入力設定を自動でおこなう「自動入力サーチ機能」、画面の台形補正を自動的におこなう「自動縦台形歪み補正機能」など、“ら・く・ら・く”セットアップ機能を搭載。設置の面倒な手間を省き、初めて扱う人にも配慮した。

 外観も同じ両モデルの違いは、輝度と消費電力。輝度はLP-XW250が2,600ルーメン、LP-XW200が2,200ルーメン。消費電力はノーマルモード時でLP-XW250が273W、LP-XW200が239W。LANインターフェース(100Base-TX/10Base-Tに対応)を装備することで、ネットワーク経由で複数のプロジェクタの制御・管理が可能。同梱のPJ Network Manager をコンピューターにインストールすることで、ネットワークに接続された状態ならば、最大200台まで動作状態を管理できるという。そのほか、一時停止機能、プレゼンテーション補助機能などをそなえる。投影距離は1.3〜11.8mで、40〜300型まで対応。両モデルともに本体サイズは幅333.5×高さ85.2×奥行き247mm。重さは2.5 kg。

 おもな仕様は以下のとおり。

【LP-XW250/ LP-XW200】

・方式:3原色液晶シャッター投映方式
・液晶パネル画素数:1,024×768ピクセル×3枚
・レンズ:F値2.0〜2.15、手動ズーム・フォーカス(1.2倍)
・コントラスト比:500:1
・表示可能解像度:1,024×768ピクセル(UXGA/WXGA/SXGA/XGA/SVGA/VGA/MAC)
・インターフェース:ミニD-Sub15-ピン/コンポーネント入力 (変換ケーブル使用)/Sビデオ入力 (変換ケーブル使用)/RCA/3.5mmステレオミニ×2 /RJ−45
・付属品:着脱式電源コード/ネットワーク用ソフト(CD-ROM)/ミニD-sub〜ミニD-subケーブル/レンズキャップ/ワイヤレスリモコンなど
《小口》

関連ニュース

特集

page top