シトリックス、 テレビ操作感覚で仮想デスクトップへアクセスできる「Citrix Receiver」発表 | RBB TODAY

シトリックス、 テレビ操作感覚で仮想デスクトップへアクセスできる「Citrix Receiver」発表

 シトリックス・システムズ・ジャパンは27日、最新のソフトウェアクライアント「Citrix Receiver」を日本市場向けに公開した。

エンタープライズ モバイルBIZ
Citrix Receiver for iPhoneの画面(イメージ)
  • Citrix Receiver for iPhoneの画面(イメージ)
 シトリックス・システムズ・ジャパンは27日、最新のソフトウェアクライアント「Citrix Receiver」を日本市場向けに公開した。
 
 Citrix Receiverは、テレビのスイッチをオンにするのと同じ感覚で、任意のデバイス上で仮想デスクトップやアプリケーションへのアクセスを行えるようにする、新しい軽量なクライアントソフトウェア。軽量のユニバーサル ソフトウェア クライアントとなっており、拡張可能なブラウザのような「プラグイン」アーキテクチャを採用している。Citrix Receiverは標準のアプリケーションで、Citrix XenApp、Citrix XenDesktop、Citrix Access Gateway、Citrix Branch RepeaterなどのCitrix Delivery Center製品ファミリのインフラと通信を行う各種オプションのプラグインを提供する。

 IT部門はCitrix Receiverを使用することで、衛星テレビやペイパービューの受信機を見ているかのごとく、仮想デスクトップやアプリケーションをオンデマンドサービスとして提供できるようになるという。PC、Mac、ノートPC、スマートフォンをサポートしており、配信先がオフィス内のPC、自宅のMac、移動中のiPhoneであっても、デバイスを気にする必要なくサービスを提供できる。これにより、IT部門のデスクトップ管理を大幅に簡素化し、ユーザーにはセキュアな仕事環境を提供できる見込みだ。

 Citrix Receiverでは最初にダウンロードとインストールを行った後、バックグラウンドで企業の「デリバリーセンター」からの信号を「待ち受け」する。これにより、Citrix XenAppやCitrix XenDesktopなどのCitrix Delivery Centerのヘッドエンドコントローラから、Citrix Receiverがインストールされたデバイスに、あらゆるアプリケーションやデスクトップを配信できるようになる。新しいサーバコンポーネントであるCitrix Merchandising Serverが管理を行い、従業員向けのCitrix Receiver初期設定の管理、プラグインの集中管理、各デバイス上でのプラグインの更新、Webベースのユーザーサポートサービスの管理、および堅牢なレポート機能などが利用可能となる。Citrix Merchandising Serverには、Citrix Program Neighborhood、PN Agent、Web InterfaceなどのレガシーのCitrixソフトウェアクライアントやユーザーインターフェイスから既存のCitrixユーザーを移行するツールも含まれる。

 Citrix Receiver for Windowsは無償ソフトウェアで、PC、ノートPC、シンクライアントなどの、あらゆるWindowsベースのデバイスで利用可能。Citrix Receiver for iPhoneおよびCitrix Receiver for iPod touchは、Apple社のApp Storeから無料でダウンロード可能。また、Citrix Merchandising Serverもあわせて無償提供となる。Citrix ReceiverとCitrix Merchandising Serverを利用するには、Citrix Delivery Center製品ファミリに含まれるインフラストラクチャ製品が必要。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top