ソフトバンクモバイルとレノボ・ジャパン、ワイヤレスWAN搭載のミニノートPC | RBB TODAY

ソフトバンクモバイルとレノボ・ジャパン、ワイヤレスWAN搭載のミニノートPC

IT・デジタル ノートPC

IdeaPad S10(通信モジュール搭載モデル)
  • IdeaPad S10(通信モジュール搭載モデル)
  • IdeaPad S10(通信モジュール搭載モデル)
 ソフトバンクモバイルとレノボ・ジャパンは19日、ソフトバンクモバイルの通信モジュールを搭載する10.1V型ワイド液晶ミニノートPC「IdeaPad S10(通信モジュール搭載モデル)」を発表。2009年夏以降の販売としている。

 同製品は、ワイヤレスWAN通信モジュールを搭載させたミニノートPC。国内ではW-CDMA方式、海外ではW-CDMA方式とGSM方式(900/1,800/1,900MHz)に対応している。

 製品の基本スペックは2008年12月に発売された「IdeaPad S10e」同様で、容量160GBのHDD、1GBのメモリを装備し、CPUにはAtom N270を採用。液晶ディスプレイの解像度は1,024×576ピクセルとなる。なお、バッテリ駆動時間については計測中としている。

 そのほか、電源を切った状態からすぐにインターネットの利用や写真の閲覧が可能な「クイック・スタート」機能や、頻繁に利用するアプリケーションを簡単に起動できる「NOVOボタン」などを搭載。

 おもな仕様は以下のとおり。

・OS:Windows XP Home Edition SP3
・HDD:160GB
・CPU:Atom N270
・メモリ:1GB
・液晶ディスプレイ:10.1V型ワイドTFT
・解像度:1,024×576ピクセル
・ワイヤレスLAN:IEEE802.11b/g
・インターフェース:USB2.0×2/メモリカードスロット
・そのほかの機能:130万画素webカメラ
・本体サイズ:幅250×高さ22〜36×奥行き196mm
・重さ約1.38kg 
・カラー:パールホワイト

 なお、同製品は開発中のため、上記仕様は変更される可能性があるとしている。
《満井》

関連ニュース

特集

page top