再利用を防止するハードディスク破壊装置が発売 | RBB TODAY

再利用を防止するハードディスク破壊装置が発売

エンタープライズ セキュリティ

本体重量は約12kgで可搬も可能。確実な物理破壊によって廃棄HDDからの情報漏洩を防ぐ(画像は同社リリースより)。
  • 本体重量は約12kgで可搬も可能。確実な物理破壊によって廃棄HDDからの情報漏洩を防ぐ(画像は同社リリースより)。
  • 同社は情報漏えい防止機器を中心としたセキュリティシステムを多数取り扱う。他にもSSD破壊機やDVD/CD破壊機もラインナップする(画像は同社webより)。
 日東造機は8日、米国規格(DoD5220.20M)に準拠した手動油圧機構を搭載したハードディスク破壊機「HDB-20V」を発売開始することを発表した。手動油圧機構(ハイドロリック モーション コントロール)を搭載し、破棄対象のHDDをV字に折り曲げ、さらにM字に圧迫することで確実な破壊を行える。

 DoD5220.20Mなどの米/英HDD物理破壊基準に準拠しており、安全な操作が可能なメカニカルインターロック機構も搭載しているのも特徴。破壊したHDDは簡単に手解体ができる状態となり、マテリアル金属としてのリサイクルが可能となる。

 価格はオープンとなり、市場想定価格は250,000円前後。同社では国内外で1年間に1,000台の販売を見込んでいる。13日から開催される「情報セキュリティEXPO」で実機の展示を行う。

■ダイソン掃除機やiPad miniが当たる!読者アンケートを実施中
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top