F5、ヴイエムウェア、日本IBM、サーバ切替を自動化する災害時対策を提供開始 | RBB TODAY

F5、ヴイエムウェア、日本IBM、サーバ切替を自動化する災害時対策を提供開始

エンタープライズ その他

 F5ネットワークスジャパン、ヴイエムウェア、日本IBMは18日、x86サーバによる仮想化環境において、火災や地震などの災害発生時のシステム切り替え機能を検証したことを発表した。あわせて切り替え機能に対応したシステム構築を、日本IBMならびに日本IBMのビジネス・パートナーから提供開始する。

 従来の環境では、災害発生時などに本番サーバからバックアップ・サーバに切り替える際に、バックアップ・サイトのストレージの設定・起動、さらにはアプリケーションの起動など、複雑な作業が求められるとされていた。今回構築および検証された災害対策のサーバ切り替え機能は、本番用とバックアップ用の2つのx86サーバがネットワークで接続されているシステムにおいて、本番サーバと同じ環境をバックアップ・サーバに設定し、稼働させるものとなる。サーバ切り替えときのIPアドレスの変更を自動的に行い、切り替え後、バックアップ・サーバの複雑な起動処理をすべて自動的に行うことで、災害発生時にもビジネスを短時間でスムーズに再開できる。
 
 検証では、日本IBM箱崎事業所内「IBM System x仮想化検証センターー」内に設置したIBMのラック型x86サーバ「IBM System x3850M2」に「VMware ESX」を導入し、「VMware vCenter Site Recovery Manager」とF5の「BIG-IP Global Traffic Manager」および「BIG-IP Local Traffic Manager」と連携したシステムを構築。また、仮想化されたサーバ上には、8つのアプリケーションを稼働させ、すべてのアプリケーションのバックアップ・サーバへの切り替えが行われた。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top