ソフトバンクBBとマイクロソフト、仮想化ソリューションビジネスで協業 | RBB TODAY

ソフトバンクBBとマイクロソフト、仮想化ソリューションビジネスで協業

エンタープライズ その他

 ソフトバンクBBとマイクロソフトは27日、サーバ仮想化技術の普及促進を目指して協業していくことで合意したと発表した。

 主にソフトバンクBBの販売パートナー約5,800社向けにさまざまな支援を行う。マイクロソフトのサーバ仮想化製品「Windows Server 2008 Hyper-V」および統合的な仮想環境管理ツール「Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008」をベースとした仮想化ソリューションを、販売パートナー企業が顧客に提案・導入しやすい環境づくりを行うという。

 今回の協業にあわせ、ソフトバンクBBは同日より、Microsoft Exchange Server、Microsoft Office SharePoint Server、Microsoft Office Project、Microsoft Application Virtualization(App-V) などの導入支援を行う「BBSOLコンサルティングサービス」に、Hyper-Vを中心とするサービスメニューを追加した。また販売パートナー企業に対してさらに的確な支援を行うために、マイクロソフト認定資格である「MCAプラットフォーム」をソフトバンクBBの社員約200名が取得し、あわせて「Hyper-V導入アドバイザー」の認定ロゴを取得するとのこと。「Hyper-V認定コンサルタント」6名も育成する。

 さらに今後「BBSOLコンサルティングサービス」で、「仮想化環境検証サービス」を2009年上半期より提供開始する。Hyper-Vを使用した仮想環境のインフラを提供するとともに技術トレーニングを実施することで、目的のアプリケーションの動作検証など、より安心かつスムーズに利用できる支援サービスを充実させたいとのこと。マイクロソフトは、ソフトバンクBBおよび販売パートナーに対して、サーバ仮想化技術の無償トレーニングを提供するほか、ソフトバンクBBが販売パートナーの技術者および営業担当者に対して実施するトレーニングにおいて、コンテンツや技術情報の提供などの支援を行う。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top