ゴールデンウィーク、外出の予定がある人はたった2割 | RBB TODAY

ゴールデンウィーク、外出の予定がある人はたった2割

エンタメ その他

調査結果
  • 調査結果
 ゴールデンウィーク目前。景気回復の兆しはなかなか見えないが、今年の連休はどのように過ごす人が多いのだろうか。アイシェアは、20代から40代のネットユーザー男女366名に調査を実施、回答を集計した。

 ゴールデンウィークの連休が3日以上ない人以外に外出の予定を聞いたところ、予定が「ある」としたのは24.3%で半数近くは「わからない」と回答。数カ月前から予定を立てている人は少ないようだ。

 外出予定のある人にどこへ行くかを問うと「国内旅行(51.4%)」が2位の「ドライブ(16.2%)」に大きな差をつけてトップ。以下、「温泉(13.5%)」、「ライブ・コンサート(12.2%)」と続いた。「国内旅行」は男性(60.0%)と30代(65.5%)の割合が特に高く、30代では「温泉(27.6%)」も人気だった。

 一方、自宅ですることは「インターネット」が1位で、若い年代ほど数値が高くなっていった。2位は「掃除・片付け」で、こちらは上の年代ほど割合が高かった。年々片付けなくてはならない物が増えていくのだろうか。3位の「読書」は意外にも20代が多く、最も割合の低かった30代を22.3ポイント上回った。

 「ビデオ・DVD観賞」を選択したのは30代が多く、ジャンルは「邦画」「アニメ」「韓国ドラマ」などさまざまなものが挙がり、「録り溜めてたTV番組いろいろ」をゆっくり見るとの回答もあった。

 ゴールデンウィークの連休のために何かを購入するのはわずか6.9%。47.9%が外出の予定をわからないとしていることからも、大型連休のために購入するものを計画している人は少ない様子だ。

 購入予定のある人にその内容を教えてもらったところ、家でくつろぐための「お菓子」や飲みもの、「お取り寄せグルメ」「書籍」、片付けや模様替えに使うであろう「棚」などの回答があった。外出の予定がある人では「バーベキュー用の食材」「キャンプ用品」「アウトドア用品」などもみられた。

 まだ予定を立てている人は少ない今年のゴールデンウィークだが、高速料金値下げなどのプラス材料もあり、天気によっては近場へぷらっとドライブや買い物に出かける人も増えるのではないだろうか。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top