日本HP、コスト削減をポイントにプリンターの新製品を展開 | RBB TODAY

日本HP、コスト削減をポイントにプリンターの新製品を展開

エンタープライズ その他

執行役員 イメージング・プリンティング事業統括の挽野元氏
  • 執行役員 イメージング・プリンティング事業統括の挽野元氏
  • HPビジネスインクジェットで実現する「コスト削減」
  • イメージング・プリンティング事業統括コンシューマ&ウェブソリューションビジネス本部の竹田芳浩氏
  • 複合プリンター価格比較
  • ランニングコスト比較
  • 消費電力比較
  • HP Officejet Pro 8500 Wireless All-in-One
  • HP Officejet Pro 8500 Wireless All-in-One
 日本ヒューレット・パッカードは13日、ビジネス向けプリンターの新製品発表会を都内で開催した。

 今回の発表会で強調されていたのがコスト削減効果だ。執行役員 イメージング・プリンティング事業統括の挽野元氏は、ガートナーの調査を取り上げ「2009年のビジネスの優先課題のトップ3は、ビジネスプロセスの改善、コストの削減、生産性の向上である」と紹介し、「印刷にかかるコストは約3%でバカにならない数字」と話した。これに対して同社は、HP Managed Print Serviceを国内展開し、プリンティングコストを30%削減。「HP プリンター初期導入費0円プログラム(支払いはインク代のみ)」も展開予定であるとした。

 コスト削減がテーマになっている今回の製品は「導入コスト」「ランニングコスト」「消費電力」といった3つの削減分野にフォーカス。それぞれ50%削減する効果を発揮すると強調した(イメージング・プリンティング事業統括コンシューマ&ウェブソリューションビジネス本部の竹田芳浩氏)。今回の製品は中堅・中小向けがターゲットとなっているが、同社ではビジネスインクジェットの市場ポテンシャルは100万台と見ており、シェア40%の獲得を目指している。これには新規購入も含め、当然レーザープリンター市場からの乗り換えも考えられるところだ。販売チャネルはダイレクト販売、量販店、代理店の3方向から展開するが、6月22日まで「コスト削減とことん応援 黒インク1本プレゼントキャンペーン」を開始し、海外では展開されている「HP Officeシリーズ 初期導入費0円プログラム」もスタート予定としている。このプログラムはプリンターの初期導入費は0円で、定額のインク代のみ支払うというもの。竹田氏は同プログラムを導入することで「2年間で約26万円も得である」との資料(1000枚/月の印刷を想定)を公開した。

 発表になった製品はA4 高速低ランニングコストプリンターをうたう「HP Officejet Pro 8000」(19,950円)、A4 高速低ランニングコストFAX付き複合機「HP Officejet Pro 8500 Wireless All-in-One」、A4 高機能FAX付き複合機「HP Officejet 6500 Wireless All-in-One」、A4FAX付き複合機「HP Officejet 6500 All-in-One」の4種類。

 コスト削減の面からポイントを見ていくと、まずは大容量インクで低ランニングコストをうたっているのが特徴。「HP Officejet Pro 8000」と「HP Officejet Pro 8500 Wireless All-in-One」では、インクに全色(4色)顔料インク「HP940XL」を採用しているが、黒で2,200枚、カラーで各1,400枚、A4普通紙のカラー文書1印刷コストは6.6円となっている。一方、「HP Officejet 6500 Wireless All-in-One」と「HP Officejet 6500 All-in-One」は「HP920XL」を採用。黒で1,200枚、カラーで各700枚、A4普通紙カラー文書1印刷コストは7.6円と試算している。ちなみにカラーレーザーは焼く15円、家庭向けインクジェットは約9.6円としている。

 2番目はプリンタードライバーでインク量のコントロールができる点だ。こちらを使うことでインク消費を25%削減、「HP Officejet Pro 8000」と「HP Officejet Pro 8500 Wireless All-in-One」、「HP Officejet 6500 Wireless All-in-One」には両面印刷機能を搭載し、平均的な使用で用紙コストを約30%削減可能としている。また、付属ソフトの「HP Smart Web Printing」を使うことによって、ウェブサイトの必要な部分のみをプリントアウトできる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top