HP、業界初となるブレードシステム向け高速半導体ストレージを発売 | RBB TODAY

HP、業界初となるブレードシステム向け高速半導体ストレージを発売

 日本HPは16日、HP BladeSystem c-Class用の半導体ストレージ「HP StorageWorks IOアクセラレータ 高速半導体ストレージ」を3月下旬より出荷を開始すると発表した。

エンタープライズ ハードウェア
HP StorageWorks IOアクセラレータ 高速半導体ストレージ
  • HP StorageWorks IOアクセラレータ 高速半導体ストレージ
 日本ヒューレット・パッカードは16日、HP BladeSystem c-Class用の半導体ストレージ「HP StorageWorks IOアクセラレータ 高速半導体ストレージ」を3月下旬より出荷を開始すると発表した。ブレードサーバのPCI Expressインターフェイスに直接接続できる半導体ストレージは、「IOアクセラレータ 高速半導体ストレージ」が業界初となる。

 今回、日本HPが発表した「IOアクセラレータ 高速半導体ストレージ」は、HP BladeSystem搭載のPCI Expressインターフェイスに直接接続することで、既存の半導体ストレージ製品に比べて高いスループット、およびIOパフォーマンスを提供する。これにより、「IOアクセラレータ 高速半導体ストレージ」にインストールしたアプリケーションを高速に動作させることが可能になる。特に、ランダムアクセス性能を大幅に向上できるため、Webサービスにおけるデータベースのキャッシュ用ストレージとしても優れた能力を発揮する。また、ブレードシステム上に実装することで、従来のラックマウントシステムに比べて、省スペース、省電力化を図ることができ、大規模システムを構築することなくアプリケーションの高速実行を可能にする。

 「IOアクセラレータ 高速半導体ストレージ」は、業界初となる、ブレードシステム向けの高速半導体ストレージだ。HP BladeSystem c-Classの各モデルに搭載されているPCI Expressインターフェイスに直接接続し、高速なIOを実現する。「IOアクセラレータ 高速半導体ストレージ」に、アプリケーションやデータベースをインストールすることで、既存のSAS/SATA半導体ストレージ製品を大幅に上回るIOパフォーマンスを提供する。スループットは最大700MB/sを実現している他、ランダムアクセス性能に特に優れており、ランダムRead/WriteはSASインターフェイスのHDDに比べて、約300倍の最大100,000IOPSを実現。また、Read時の遅延は50マイクロ秒以下となっている。さらに、省電力のブレードシステム上に実装することで、7.5Wの低消費電力を実現している。また、従来のラックマウント型システムに比べて省スペース化を図ることができるため、小規模の環境でもブレード数に応じた投資でアプリケーションやデータベースの高速実行を可能にする。

 「IOアクセラレータ 高速半導体ストレージ」は、業界初となる、ブレードシステム向けの高速半導体ストレージだ。HP BladeSystem c-Classの各モデルに搭載されているPCI Expressインターフェイスに直接接続し、高速なIOを実現する。「IOアクセラレータ 高速半導体ストレージ」に、アプリケーションやデータベースをインストールすることで、既存のSAS/SATA半導体ストレージ製品を大幅に上回るIOパフォーマンスを提供する。スループットは最大700MB/sを実現している他、ランダムアクセス性能に特に優れており、ランダムRead/WriteはSASインターフェイスのHDDに比べて、約300倍の最大100,000IOPSを実現。また、Read時の遅延は50マイクロ秒以下となっている。さらに、省電力のブレードシステム上に実装することで、7.5Wの低消費電力を実現している。また、従来のラックマウント型システムに比べて省スペース化を図ることができるため、小規模の環境でもブレード数に応じた投資でアプリケーションやデータベースの高速実行を可能にする。

 「IOアクセラレータ 高速半導体ストレージ」は、製品寿命が短いといわれる半導体ストレージのなかで、15年(1日当たり5TBの書き換えを想定)の長寿命を実現。64ビットWindows、および64ビットLinuxをサポートしている。記憶容量別に80GB、160GB、320GBの3製品のラインアップがあり、価格は「HP StorageWorks 80GB IOアクセラレータ 高速半導体ストレージ」630,000円(税込)、「HP StorageWorks 160GB IOアクセラレータ 高速半導体ストレージ」1,071,000円(税込)、「HP StorageWorks 320GB IOアクセラレータ 高速半導体ストレージ」1,617,000円(税込)。

 日本HPでは、「IOアクセラレータ 高速半導体ストレージ」をHP BladeSystem c-Classの市場拡大を促進する製品として、超高速なIOパフォーマンスが求められるHPCや画像処理用途、さらにはリアルタイムで高頻度のデータアクセスが求められるWebサービスなどのマーケットに向けて、積極的にブレードサーバソリューションとして提案していくとのこと。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top