オンキヨー、7.1chに対応しハイビジョンテレビとシステム連動するAVセンター | RBB TODAY

オンキヨー、7.1chに対応しハイビジョンテレビとシステム連動するAVセンター

IT・デジタル その他

TX-SA607シルバー
  • TX-SA607シルバー
  • TX-SA607ブラック
  • TX-SA507
 オンキヨーは10日、HDMI ver.1.3aを搭載し、ハイビジョンテレビとシステム連動するAVセンターのミドルクラス「TX-SA607」とエントリークラス「TX-SA507」を発表。4月24日より販売する。価格は、SA607が84,000円、SA507が63,000円。

 同製品は、ハイビジョンテレビとシステム連動するAVセンター。HDMI ver1.3a入力端子を装備しており、PCやDVDプレーヤー、ゲーム機などとの接続が可能なほか、ハイビジョンテレビとのHDMI連携に対応する「RI HD」機能を装備。さらに、対応機器との接続確認とリンク設定を自動で行える「RIHD自動検出設定」機能も備えている。HDMI ver1.3a端子は「36ビット ディープカラー」映像を伝送し、色空間はsRGBを超えるx.v.Colorに対応。同端子をSA607は6系統、SA506では4系統を搭載している。

 音質面では7.1chに対応し、高音質音声フォーマット「ドルビーTrueHD」「DTS-HDマスターオーディオ」対応デコーダーを装備。Blu-ray Discに収録された最新サラウンドの音声再生を可能とする。さらに、自在に回路設計できるディスクリート構成や、十分な電流容量をもつ銅バスプレートなどといった設計や構成を工夫。また、筐体構造においては楕円状のプレスラインを設けた新設計のオーバルシャーシを採用。音質向上のためのテクノロジーを細部にまで投入しているという。なお、付属の測定用マイクを使用して、使用環境に応じた音の補正を自動的に行なう「AUDYSSEY 2EQ」を採用する。

 そのほかの機能としてSA607には、フロントハイスピーカーを加えた最新フォーマット「ドルビープロロジックIIz」を導入。フロントL/Rスピーカーの上部にフロントハイスピーカーをレイアウトすることで、垂直方向も含む三次元的な音の広がりを生み出すという。

 おもな仕様は以下のとおり。

●TX-SA607
・チャンネル数:7ch
・定格出力:各チャンネル120W(6Ω/20〜20,000Hz/1ch駆動時)
・実用最大出力:各チャンネル185W(6Ω/1,000Hz/1ch駆動時)
・周波数特性:5〜100,000Hz(ダイレクトモード)
・インターフェース:HDMI×7(入力×6/出力)、映像入力(D4×2/コンポーネント×2/コンポジット×5)、映像出力(D4/コンポーネント/コンポジット×2)、音声入力(デジタル×4/アナログ×8)、音声出力(アナログ×2/7.1chプリ/サブウーファープリ×2)
・本体カラー:シルバー/ブラック
・本体サイズ:幅435×高さ176×奥行き329mm
・重さ:11.8kg
・付属品:プリプログラム対応リモコンなど

●TX-SA507
・チャンネル数:5ch
・定格出力:各チャンネル100W(6Ω/20〜20,000Hz/1ch駆動時)
・実用最大出力:各チャンネル160W(6Ω/1,000Hz/1ch駆動時)
・周波数特性:5〜100,000Hz(ダイレクトモード)
・インターフェース:HDMI×5(入力×4/出力)、映像入力(D4×2/コンポーネント×2/コンポジット×4)、映像出力(D4/コンポーネント/コンポジット×2)、音声入力(デジタル×4/アナログ×7)、音声出力(アナログ×2/サラウンドバックプリ×2/サブウーファープリ×2)
・本体カラー:シルバー
・本体サイズ:幅435×高さ151.5×奥行き329mm
・重さ:9.5kg
・付属品:プリプログラム対応リモコンなど
《加藤》

関連ニュース

特集

page top