デジタルアーツ、ネット対応TV向けに“Webフィルタリングソフト”を提供 | RBB TODAY

デジタルアーツ、ネット対応TV向けに“Webフィルタリングソフト”を提供

エンタープライズ その他

「i-フィルターfor TV」ブロック画面イメージ
  • 「i-フィルターfor TV」ブロック画面イメージ
 デジタルアーツは9日、インターネット対応テレビ向けWebフィルタリングサービス「i-フィルターfor TV」を発表した。

 2009年4月1日より施行された「青少年インターネット環境整備法」により、パソコンなどインターネットと接続する機能を有する機器を製造する事業者は、有害情報フィルタリングソフトウェアまたはサービスの利用を簡単にする措置を講じた上での製品販売を義務付けられることとなった。インターネット対応テレビを販売する事業者にも、本法への対応が迫られている。「i-フィルターfor TV」を利用することで、リビングにおいて家族でインターネットを楽しむような場合でも、成人向けサイトや暴力サイト、出会い系サイトなど、家族団らんの場での閲覧が不適切なWebサイトの閲覧を制限可能となる。これにより子どもがいる場でも、安心してネット対応TVを利用可能となる見込みだ。

 具体的な提供第一弾としては、日立製作所のハイビジョンテレビ「Wooo 03シリーズ/UT800シリーズ」向けに25日より、日立のポータルサイトWooonetを通して提供される予定だ。申し込み画面にて、利用者情報を入力し、「i-フィルター」を起動するだけで、どのポータルサイトを経由して検索をかけても、どのリンクをたどっても、フィルタリングサービスが適用される。「i-フィルター」では国内最大級の2億6,000万に上るURLデータベースと、事業に携わるなかで培った「リビングでの閲覧にふさわしいフィルタリング強度」を、高い精度で提供するという。なおユーザ登録などの文字情報をより簡易に登録できるよう、申し込みはパソコン経由で行える。パソコンのインターネットにおいて指定されたURLと、表示された「お申し込みキーワード」を入力することで、申し込み官僚となる。パソコンがない場合でも、テレビ付属のインターネット画面より申し込み可能。利用料金は、月額315円(税込)。利用料金は、「デジタルアーツクラブ」の会費として徴収される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top