添付ファイルを自動分離、大容量ファイルを安全に送信できるサービス | RBB TODAY

添付ファイルを自動分離、大容量ファイルを安全に送信できるサービス

エンタープライズ セキュリティ

サービスの流れ
  • サービスの流れ
  • 「m-FILTER」の主な機能
  • 「クリプト便」の主な機能
 デジタルアーツとNRIセキュアテクノロジーズは13日、電子メールによる大容量のファイル送信を、簡単かつ高いセキュリティレベルで行うことができるサービスを発表した。企業や官公庁向けに5月29日から提供を開始する。

 本サービスは、デジタルアーツのメール誤送信対策サービス「m-FILTER」とNRIセキュアの大容量ファイル共有サービス「クリプト便」を連係させたもの。本連係機能により、100メガバイトのファイルサイズまで送信が可能となる。

 本サービスでは、送信者が電子メールにファイルを添付して送信すると、電子メール本文は受信者に「m-FILTER」経由で送信され、添付ファイルは「クリプト便」に自動的に分離保管される。その後「クリプト便」から受信者にURLの記載された電子メールが送信されるので、受信者は、電子メールに記載されたURLにアクセスし、添付ファイルをダウンロードする形となる。

 デジタルアーツとNRIセキュアは、2013年6月に戦略的業務提携を開始しており、本サービスは、その一環となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top