DNPと日立、携帯電話画面を利用したデジタルサイネージをauショップで実験 | RBB TODAY

DNPと日立、携帯電話画面を利用したデジタルサイネージをauショップで実験

 大日本印刷と日立製作所は16日、携帯電話画面を利用したデジタルサイネージの試験サービスをauショップ品川店で実施すると発表した。期間は3月23日から約2か月間。

エンタープライズ モバイルBIZ
デジタルサイネージ用アプリを搭載した携帯電話を展示する什器(イメージ)
  • デジタルサイネージ用アプリを搭載した携帯電話を展示する什器(イメージ)
  • 日立製携帯電話「W63H」
 大日本印刷(DNP)と日立製作所は16日、携帯電話画面を利用したデジタルサイネージ(電子看板)の試験サービスをauショップ品川店で実施すると発表した。期間は3月23日から約2か月間。

 auショップ品川店(東京都港区港南2-16-1品川イーストワンタワー2F)の店頭において、5台の日立製携帯電話「W63H」を横一列に並べ、右から左へ一体感のある動きで広告画像を動かす。また、一定間隔で自動的に幕を下ろすことにより、上下方向の変化を加え、よりアイキャッチ効果を高めるとしている。広告画像としては、KDDI・日立の携帯端末「H001」、講談社の「萌える麻雀入門 もえじゃん!」(漫画/大林森 原作/森永ひとみ)を配信する。

 DNPと日立は、複数の携帯電話の画面をあたかも1つの画面のように連動させて広告を表示する技術をあらたに開発し、KDDIと講談社、auショップを運営するアイ・ティー・シーネットワークの協力を得て今回の試験サービスを実施する。基本仕様をDNPが担当し、情報配信サービス「キメクル」の技術ノウハウを活かし携帯アプリの開発を日立が担当した。

 専用のソフトウェア(携帯アプリ)をインストールした複数の携帯電話を並べ、おのおのの携帯電話が表示する広告情報と配信情報、陳列位置に基づいてそれらの画面が連携してあたかも1つの画面のように連動して広告を表示するというものだ。今回の試験サービスでは、携帯電話画面を横に一列に並べた画面に、広告を配信するが、縦や階段状など他の陳列方法への対応も可能とのこと。また、地域や時間帯によって配信する広告を変更可能。

 今回の試験サービスでは静止画の広告を配信するが、今後Flash方式の動画広告やインタラクティブ(双方向)の広告にも対応していく予定とのこと。また、携帯電話網経由での広告配信や配信サーバでの広告登録、さらにログ分析などを行う管理機能の提供も予定しており、DNPは、今回開発したシステムおよびサービスの事業採算性の検証を行い、7月以降の事業化をめざす。2009年度末までに、年間4機種での採用により1000店舗での導入が目標とのこと。日立は、引き続きデジタルサイネージ事業に向けた携帯アプリとサーバシステムの開発および提供を行う。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top