バッファロー、液晶テレビ「レグザ」向けのネットワーク接続HDD——8台まで同時接続が可能 | RBB TODAY

バッファロー、液晶テレビ「レグザ」向けのネットワーク接続HDD——8台まで同時接続が可能

IT・デジタル テレビ

LS-1.0TGL-R
  • LS-1.0TGL-R
  • 製品背面
  • レグザのLAN端子に接続するだけ
  • スイッチングハブを利用して最大8台まで同時接続できる
  • ハイビジョン液晶テレビ「レグザ」ZH7000シリーズ
 バッファローは25日、東芝のハイビジョン液晶テレビ「レグザ」のHDD録画対応モデルでの使用に適したネットワーク対応HDD「LS-1.0TGL-R」を発表。3月上旬に発売する。価格は21,000円。

 同製品は、HDD録画対応「レグザ」向けの増設用HDD。容量1TBでハイビジョン放送を最大106時間録画可能。LAN端子を使用するネットワーク接続で、スイッチングハブを利用すればつなぎ替え不要で最大8台まで同時接続できる。また、家庭内LANネットワークに接続すれば、ネットワーク内でデータ共有できるNASとしても利用できる。

 対応する「レグザ」はZH7000/Z7000/ZH500/ZV500/Z3500/Z2000シリーズ。対応OSはWindows Vista/XP/2000、Mac OS X 10.3.9以降。インターフェースは 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T、USB2.0×2(PCとの接続には非対応)。本体サイズは幅60×高さ164×奥行き216mm、重さは1.7kg。付属品はLANケーブル(2m)など。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top