IIJ、独自開発のデータ通信端末「110FE」を提供開始 〜 「IIJモバイル」ラインアップ拡充 | RBB TODAY

IIJ、独自開発のデータ通信端末「110FE」を提供開始 〜 「IIJモバイル」ラインアップ拡充

エンタープライズ モバイルBIZ

IIJの独自開発データ通信端末「110FE」
  • IIJの独自開発データ通信端末「110FE」
 インターネットイニシアティブ(IIJ)は9日、MVNOとして法人向けに提供中の高速モバイルデータ通信サービス「IIJモバイル」のデータ通信端末のラインナップに、あらたに独自開発の端末「110FE」を追加することを発表した。3月より提供開始となる。

 「110FE」(富士ソフト、中国ZTE Corp.製)は、NTTドコモのFOMA網を利用した「IIJモバイルサービス/タイプD」の端末として提供される製品。NTTドコモFOMAハイスピード対応(下り最大7.2Mbps/上り最大384kbps、ベストエフォート)のデータ通信端末としては、業界初となるExpressCard型のデータ通信カードとなる。また、従来の3Gに加えGSM国際ローミングに対応し、アジア、ヨーロッパを中心に海外での利用エリアが拡大される。「110FE」は、カード本体にドライバが保存されており、初回利用時に自動的にカードドライバがインストールされる(対応OS:Windows Vista/XP)。さらに、接続ツール「IIJモバイル セキュアリンク」にも対応する。サイズは約110mm×34mm×11mm(最厚部 アンテナ収納時)。

 なお、2009年4月末までに、「IIJモバイルサービス/タイプD 定額プラン」と「110FE」の端末レンタルを同時に20回線以上申し込んだ顧客を対象に、初期費用および端末レンタル費用が無料となる「110FE スタートアップキャンペーン」を実施するとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top