ドコモ、FOMAで内線通話可能な法人向け「全国型内線サービス(仮称)」を発表 | RBB TODAY

ドコモ、FOMAで内線通話可能な法人向け「全国型内線サービス(仮称)」を発表

 NTTドコモは24日、同一法人において全国のFOMAエリア内で、FOMAとオフィスの内線電話機との間で内線通話が可能となる「全国型内線サービス(仮称)」を発表した。2009年夏より提供開始の予定。

エンタープライズ モバイルBIZ
「全国型内線サービス(仮称)」サービスイメージ図
  • 「全国型内線サービス(仮称)」サービスイメージ図
 NTTドコモは24日、同一法人において全国のFOMAエリア内で、FOMAとオフィスの内線電話機との間で内線通話が可能となる「全国型内線サービス(仮称)」を発表した。2009年夏より提供開始の予定。

 「全国型内線サービス(仮称)」は、顧客企業のPBXをドコモ網に接続することにより実現するもので、FOMAとオフィスの内線電話機との通話、FOMAとFOMAとの通話が、内線番号で利用可能となる。FOMAエリア内であれば、全国どこにいてもFOMAをオフィスの内線電話機のように利用でき、内線グループ内の通話も定額料金で利用できる。主要な内線機能に対応を予定しており、内線グループの電話機からFOMAを内線番号で呼び出したり、携帯電話番号ではなく内線番号を相手先に通知するといった機能が用意されている。なお、PBXを設置していない顧客企業でも、ドコモがPBX機能を提供することでサービスの利用が可能だ。サービス利用料金など詳細は未定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top