海外市場向けの低価格スマホ「ARATAS」発表……元amadanaのクリエイターらが参画 | RBB TODAY

海外市場向けの低価格スマホ「ARATAS」発表……元amadanaのクリエイターらが参画

IT・デジタル モバイル

「ARATAS」が製作に関わったスマートフォン「KAZE01」
  • 「ARATAS」が製作に関わったスマートフォン「KAZE01」
  • 「KAZE01」フロント
  • 「KAZE02」
  • 「KAZE02」フロント
 シンガポールに本社を置くGooute Pteは18日、海外市場を対象にした低価格スマートフォン向けプログラム「ARATAS」を開始すると発表した。日本のクリエイターがデザインするスマートフォンを今春より販売するプロジェクトだ。

 「ARATAS」は、低価格スマートフォン向けに、端末やユーザーインターフェースのデザイン、メディアプラットフォームを提供するプログラム。アジアを中心とするグローバル市場で、2016年春より「ARATAS」の各プロダクトを搭載する端末「KAZE01」と「KAZE02」が発売される予定だとしている。「KAZE01」と「KAZE02」は、中国深センに本社を置くKingtech Mobile Ltd.が製造する。

 「ARATAS」では、スマホの筐体のデザインを手がける「ARATAS DEVICE」、壁紙やアイコン、着信音等のデザインを手がける「ARATAS UI」、ニュースなどのコンテンツを各国の言語で配信するアプリなどを製作する「ARATAS NET」という3つのプロダクトプログラムでスマートフォンの開発に関わる。「ARATAS DEVICE」では元amadanaで「FOMA N705i」などをデザインしていた鄭秀和氏、「ARATAS UI」ではSMAPやJUJUの作曲などを手掛ける谷口尚久氏らが参画する。

 「KAZE01」と「KAZE02」は、ともにクアッドコアプロセッサを搭載する5インチのミドルスペックを備えたAndroidスマートフォン。インド、インドネシアなどのアジア、欧州、北米、南米、日本で販売される予定だとしている。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top