迷子の我が子はどこ!? プリンストン、迷子を探索できるレーダー機能付きアラーム | RBB TODAY

迷子の我が子はどこ!? プリンストン、迷子を探索できるレーダー機能付きアラーム

IT・デジタル その他

PWS-KF1W
  • PWS-KF1W
  • アラーム機能。左は設定範囲内の状態で右は設定範囲を外れた状態
 プリンストンテクノロジーは30日、迷子防止を目的としたレーダー機能付きアラーム「PWS-KF1W」を発表。2月下旬に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は6,980円。

 同製品は、親機と子機で構成された簡易セキュリティ機器。両機の間隔が設定距離より離れると親機のLEDが点滅し、アラームが鳴ることで迷子を防止する。設定距離は5mと15mの2段階で設定できる。

 さらに、簡易のレーダー機能を搭載。アラームが鳴っても子機を持った子供やペットが見当たらない場合には、親機の中央にあるボタンを押すことでサーチモードを利用できる。最大探索範囲は屋外で約90m、屋内で約30m。点滅の状態によって子機のおおよその方向や距離を知ることができる。また、子機の中央には「親機呼び出しボタン」を備え、子供が押すと親機にSOSのアラームを送ることもできる。

 そのほか、携帯しやすいように親機はネックストラップ、子機は腕などに装着できるベルトを付属する。

 バッテリは親機/子機ともに単4形アルカリ乾電池×2本。電池寿命は約350時間。親機の本体サイズは幅76×高さ35×奥行き22mmで、重さは52g。子機の本体サイズは幅57×高さ43×奥行き16.5mmで、重さは43g。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top