パナソニック、世界最高の総画素915万画素のデジタルハイビジョンビデオカメラ | RBB TODAY

パナソニック、世界最高の総画素915万画素のデジタルハイビジョンビデオカメラ

 パナソニックは7日、305万画素の新MOSセンサーを3つ搭載し、世界最高の総画素915万画素(305万×3)、動画有効画素621万画素(207万×3)を実現するデジタルハイビジョンビデオカメラ4製品を発表した。2月5日に発売する。

IT・デジタル デジカメ
HDC-HS300
  • HDC-HS300
  • HDC-HS200
  • HDC-TM300
  • HDC-SD200
 パナソニックは7日、305万画素の新MOSセンサーを3つ搭載し、世界最高の総画素915万画素(305万×3)、動画有効画素621万画素(207万×3)を実現するデジタルハイビジョンビデオカメラとして、HDD(120GB)およびSDメモリーカード記録対応モデル「HDC-HS300」、HDD(80GB)およびSDメモリーカード記録対応モデル「HDC-HS200」、内蔵フラッシュメモリ(32GB)およびSDメモリーカード記録対応モデル「HDC-TM300」、HDD非搭載でSDメモリーカードのみ対応の「HDC-SD200」の4製品を発表。2月5日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格はHDC-HS300が160,000円前後、HDC-HS200が140,000円前後、HDC-TM300が150,000円前後、HDC-SD200が130,000円前後。

 4製品は、2008年7月発売の従来モデル「HDC-HS100」では1/6型だったセンサーを1/4.1型に拡大し、このセンサーを3枚利用した独自の3MOSシステムを採用。総画素が従来の約5倍となる915万画素(305万×3)、動画有効画素数が従来の約4倍となる621万画素(207万×3)になり、より高精細で色彩豊かな映像を実現したという。また、センサーの一新により静止画画素数も世界最高の1,060万画素となり、動画撮影時の静止画も世界最高の830万画素になった。

 動画記録時に撮りたい被写体をタッチパネルでタッチし指定することで、被写体を顔や色で認識し、自動で追尾してピントと明るさを調整する「追っかけフォーカス」機能を、デジタルビデオカメラとしては世界で初めて搭載。また、撮影時にカメラが被写体の顔の有無、明るさ、コントラスト、距離の情報から5つのシーンを自動で認識し、光の露出やコントラストを自動的に制御することで場面に応じて最適に撮影できる「おまかせiA」機能も備える。

 そのほかの機能として、光学手ブレ補正、光学12倍ズーム、液晶ディスプレイを開くと約0.6秒で撮影スタンバイ状態になるクイックスタート、3秒間の映像を常時記録しつづけ録画スタートの約3秒前からさかのぼって録画できる「プリREC」、動画再生中にフォトショットボタンを押すだけで動画から2.1MB(1,920×1,080ピクセル)の静止画を切り出せる「静止画切り出し」などを装備。

 レンズは自動/手動補正絞り12倍電動ズームを備え、開放F値がF1.8〜2.8。焦点距離は35mm判換算で41.3〜540mm。ディスプレイは約23万画素の2.7型ワイド液晶。インターフェースはHDMI/D3/ビデオ/USBなど。HDDや内蔵フラッシュメモリへの最長録画時間は、HDC-HS300が約50時間、HDC-HS200が約33時間20分、HDC-TM300が約12時間、32GBのSD(SDHC)メモリーカードは約12時間となる。付属バッテリでの連続撮影時間は、HDC-HS300が約1時間35分、HDC-HS200が約1時間40分、HDC-TM300が約1時間40分、HDC-SD200が約1時間45分。

 HDC-HS300の本体サイズは幅70×高さ73×奥行き141mmで重さは460g、HDC-HS200の本体サイズは幅69×高さ73×奥行き133mmで重さは385g、HDC-TM300の本体サイズは幅70×高さ72×奥行き141mmで重さは460g、HDC-SD200の本体サイズは幅68×高さ68×奥行き133mmで重さは335g。付属品はACアダプタ/電源コード/DCコード/ワイヤレスリモコン/D端子ケーブル/AVケーブル/USBケーブル/タッチペンなどで、HDC-TM300のみシューアダプタ、HDC-SD200のみ8GBのSDHCカードが付く。カラーは、HDC-HS300とHDC-TM300がブラック/シルバーの2色、HDC-HS200とHDC-SD200はシルバーのみ。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top