【CES 2009 Vol.6】ソニー、200ドルを切る低価格のデジタルハイビジョンハンディカム | RBB TODAY

【CES 2009 Vol.6】ソニー、200ドルを切る低価格のデジタルハイビジョンハンディカム

IT・デジタル デジカメ

MHS-CM1 Webbie HD
  • MHS-CM1 Webbie HD
  • MHS-PM1 Webbie HD
  • 会場での製品発表
 ソニーは、7日より米ラスベガスで開催されている家電展示会「CES2009」で、ハイビジョンハンディカムでモニタースィベルの横型モデル「MHS-CM1 Webbie HD」と、縦型モデル「MHS-PM1 Webbie HD」を発表した。価格は、MHS-CM1 Webbie HDが199.99ドル、MHS-PM1 Webbie HDが169.99ドル。

 同製品は、低価格のハイビジョンハンディカム。メモリースティックPRO Duoを別途購入し、16GBで1,080ピクセルのハイビジョンムービーを340分録画可能だ。

 「Handycam」ブランドでカムレコーダーのシェアを握るソニーが、このような価格破壊的なモデルを投入する背景として、一昨年に登場しブロガーお気に入りとなって昨年爆発的に売れた「FlipVideo」の存在がある。FlipVideoは現在amazon.comのカムレコーダー部門ベストセラーランキングでトップ20に1位2位を含む7台を送り込むほどの好調となっている。(1位は「FlipVideo MinoHD」4GB内蔵で208.99ドル)

 昨年末のYoutubeのハイビジョン動画対応の追い風もあり、Webbieのヒットは間違いないだろう。発表と同時にsonystyle.comでは上位機MHS-CM1の販売が始まっており、月内に店舗での販売も開始される。縦型のMHS-PM1は4月からの発売開始を予定している。日本投入のアナウンスは無いが、しばらくはアメリカ旅行のお土産として人気が出そうな案配だ。

 MHS-CM1 Webbie HDの主な仕様は以下のとおり。
・対応OS:Picture Motion Browser softwareはWindows Vista/XP。USB接続およびメディア経由はMac OS X 10.4.以降も含む。
・動画解像度:1,440×1,080/30p、1,280×720/30p、 640×480/30p
・動画圧縮方式:MPEG4 AVC/H.264
・レンズ:光学5倍ズーム/デジタル20倍ズーム
・液晶ディスプレイ:2.5型/270度回転
・シーンセレクション逆光/薄光/風景/スポーツ/自動
・センサー:1/2.5型CMOS
・静止画:5メガピクセル
・マイク:ステレオ
・対応メディア:メモリースティクPRO Duo
・内蔵フラッシュメモリ12MB (Picture Motion Browser softwareが本体内蔵)
・バッテリ:内蔵リチウムイオン充電池
・AV端子 (コンポーネント/コンポジット)
・インターフェース:USB2.0
・本体:サイズ幅43×高さ61×奥行き105mm
・重さ:210g
・カラー:シルバー/オレンジ/エッグプラント
《三浦和也》

関連ニュース

特集

page top