パナソニックのPLC技術、IEEE P1901委員会のベースライン技術として承認 | RBB TODAY

パナソニックのPLC技術、IEEE P1901委員会のベースライン技術として承認

 パナソニックとパナソニック コミュニケーションズは7日、共同で提案を行っていたPLC技術が、IEEE P1901委員会において、PLC標準規格のベースライン技術方式の1つとして承認されたことを発表した。

ブロードバンド その他
PLC技術
  • PLC技術
 パナソニックとパナソニック コミュニケーションズは7日、共同で提案を行っていたPLC技術が、IEEE P1901委員会において、PLC標準規格のベースライン技術方式の1つとして承認されたことを発表した。

 PLC(Power Line Communications)は電力線を使ってネットワーク通信を実現するもの。今回ベースライン技術方式の1つに承認された両社の提案技術は、パナソニックの独自技術のWavelet OFDM方式で、高速電力線通信「HD-PLC」を採用する商品で使用されている。「HD-PLC」採用機器は、電源コンセントに接続することでインターネットやホームサーバのハイビジョン映像などを家庭内のさまざまな場所で楽しめるなど、パソコンやAV機器から白物家電まで相互に接続されたホームネットワークの展開を可能としている。今回ベースラインとして承認された技術には、家庭内だけでなく、ビル内や工場など、より大規模なネットワークにも対応できる技術も含まれているとのこと。パナソニックとパナソニック コミュニケーションズは、今後も既存の「HD-PLC」採用商品との接続性の確保と、他方式との共存を図り、HD-PLCアライアンスなどの団体を通じてIEEE P1901標準対応商品間の相互接続性の確保に努めるとしている。

 IEEE標準化委員会は、これまで、イーサネットLANや無線LANに代表される多くの世界的な標準規格化を成功させており、傘下のIEEE P1901委員会は、宅内だけでなく、屋外、輸送機などさまざまな分野での応用を想定したPLC技術の標準規格を策定している。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top