ソフトバンクモバイル、2Gサービスを2010年3月で終了 | RBB TODAY

ソフトバンクモバイル、2Gサービスを2010年3月で終了

ブロードバンド その他
 3日、ソフトバンクモバイルは第2世代(2G)携帯電話サービスを2010年3月31日までに終了すると発表した。

 1994年4月から提供していた2Gのサービスだが、2002年12月から導入された第3世代(3G)携帯電話サービスへの移行が進み、通信方式別での契約数は純減を続けている。そのため、より高速通信が可能な3Gにサービスと経営資源を集中させるため、終了を決定した。

 2008年5月末現在でのソフトバンクモバイルの契約総数は、18,952,800契約(TCA調べ)であり、そのうち日本で2GといわれているPDC方式の契約数は、4,146,500契約(同前)となっている。ドコモも2G携帯と呼ばれているmova方式について、今年の3月に2012年にサービスを終了することを発表している。ドコモの契約総数53,544,500(同前)のうちPDC方式の契約数は8,724,800契約だ。こちらも純減を続けているが、契約絶対数が多いので終了時期はソフトバンクより遅くなっている。

 KDDIは、早くから3G方式へのシフトを進めており、2008年4月におよそ23万契約を残して2Gサービスを終了させている。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top