イーバンク銀行強し! オークション参加者の約6割が利用 | RBB TODAY

イーバンク銀行強し! オークション参加者の約6割が利用

エンタメ その他
インターネットバンキングに関する意識調査
  • インターネットバンキングに関する意識調査
 ブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などネットマーケティングを展開するアイシェアが、20代、30代のネットユーザー男女609名を対象に「インターネットバンキング」に関する意識調査を行った。
 
 なにかと便利なネットオークション。参加したことがある人は多いだろう。当調査でネットオークションを利用していると回答したのは、「頻繁に利用している」(16.3%)、「たまに利用している」(47.3%)を合わせて63.5%。年代別には、経験者は20代に比べ30代のほうが17ポイント多かった。そのネットオークション経験者のうち、59.4%がインターネットバンキングを利用していると回答。約6割が活用しており、性別・年代別でも大きな差は見られなかった。
 
 利用しているインターネットバンクを複数回答で聞いたところ、一番人気は「イーバンク銀行」で54.3%。2位に「ジャパンネット銀行」が45.7%で入り、以下はすべて1割未満だった。性別・年代別に見ても1位・2位の順位に変動はない。この2行のいずれかを利用しているのは全体の86.5%に達し、かなり多くのオークション参加者がどちらかのネット銀行を利用していることがわかった。
 
 なお、オークション以外の目的でインターネットバンキングを利用しているかとの問いには、47.1%が利用していると回答。利用しているインターネットバンクは、こちらも「イーバンク銀行」が54.4%で1位、「ジャパンネット銀行」が32.1%で2位となっており、オークション利用者と同様の結果。3位に関しては、オークションでは6.5%しか利用されていなかった「ソニー銀行」(11.8%)がランクインしている。
《大木信景》

関連ニュース

特集

page top