【ビデオニュース】誰もが使える、速い……従来のBIを変える新ツール——ウイングアーク | RBB TODAY

【ビデオニュース】誰もが使える、速い……従来のBIを変える新ツール——ウイングアーク

 ウィングアーク テクノロジーズは、同社の主力製品であるDr.Sumに可視化ツールをオプションとして追加し、注目を集めつつあるBI(Business Intelligence)市場へ販売を加速する。

エンタープライズ その他
 ウィングアーク テクノロジーズは、同社の主力製品であるDr.Sumに可視化ツールをオプションとして追加し、注目を集めつつあるBI(Business Intelligence)市場へ販売を加速する。同社は4日、本社に報道関係者を集め、「Dr.Sum EA Datalizer MotionChart」の発表会を行った。(下記ビデオ参照)

 同社がDr.Sumを最初にリリースしたのは2001年。当時は多次元高速集計レポーティングツールと呼んでいたが、2003年にはデータ集計エンジンとして「Dr.Sum EA V1〜2.5」を、2008年には基幹情報系DBエンジン「Dr.Sum EA Ver.3」をリリースした。ここで、更新系、SQLの強化、スピードの向上などを行った。2008年11月現在で、Dr.Sum EAデータ活用ソリューションの採用企業は2300社(3800本)になるという。

 Dr.Sumは3つのカテゴリーの製品で構成されている。企業内のERPや会計、SFAなどデータを取り込むツールである「Dr.Sum EA Connect」、集計エンジンである「Dr.Sum EAエンジン」、活用するためのユーザーインターフェイスの「Dr.Sum EA Visualizer」と「Dr.Sum EA Datalizer」だ。さらに、「Dr.Sum EA Visualizer」はWeb集計レポート帳票の閲覧用インターフェイスである「Dr.Sum EA Datalizer for Web」、Excel2003以降に対応する「Dr.Sum EA Datalizer for Excel」が用意されている。今回の製品は「Dr.Sum EA Datalizer for Web」のオプション。

 Dr.Sum事業部 事業部長の小島薫氏は、BIの現状を経営者や管理者、パワーユーザーなどの一部の人のためのツールとなっており、高価でパフォーマンスも悪く、運用が難しいと見る。より多くの人に使ってもらうためには、誰もが使えて簡単、しかも速いという要素に加えてIT投資とROIが適正でなければいけないと強調する。今回の製品は、Dr.Sum EAエンジンのデータをDatalizerを通じてチャート化するもので、どちらかというと現場の担当者向けの製品となる。小島氏は「チャートを通じていろんな種類のものを出せるというだけではない。まったく考え方が違う。従来のチャートは、例えばExcelのスプレッドシートのなかで分析した結果を可視化するためにチャートを作るというのが目的。スナップショットや分析結果を作るというのが従来のチャートだった。今回はここを大きく変え、チャートをメインにして分析を行っている」と話した。

 同社の開発子会社であるフォー・クルーの田中潤氏はデモを行いながら、ダイナミックなデータ制御、見やすさ使い安さ、そしてチャート表現による「気づきの創造」について解説した。

●チャートから気づきを与える



●ダイナミックなドリルダウンがグラフ上で可能

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top