NTTデータ、VMwareを使用した「SAP仮想化サービス」などを提供開始 | RBB TODAY

NTTデータ、VMwareを使用した「SAP仮想化サービス」などを提供開始

エンタープライズ その他

SAPアップグレードサービス on VM
  • SAPアップグレードサービス on VM
 NTTデータは18日、主要なサーバ仮想化製品であるVMware製品上へSAPで構築したシステムを移行する「SAP移行サービス on VM」、SAPのアップグレードを仮想化環境で実現する「SAPアップグレードサービス on VM」を発表した。ともに20日から提供を開始する。

 「SAP移行サービス on VM」は、旧バージョンのSAPで構築したシステムをVMware製品上へそのまま移行するサービス。既存システムに一切手を加えることなく、2週間程度の短期間で導入が可能となっている。「SAPアップグレードサービス on VM」は、旧バージョンのSAPで構築したシステムをSAP ERPへアップグレードするサービス。移行後のシステムを仮想化環境上で動作させることにより、バージョンアップ時の動作検証環境を冗長に用意する必要が無く、また検証時に問題が発生した際もスムーズに前環境に戻せるもの。

 「SAP移行サービス on VM」では既存システムに手を加えることなく短期間で新しいハードウェアへ移行が可能なほか、サーバ数削減による移行後の運用コスト削減、障害発生時のシステム停止時間の低減が見込めるとのこと。「SAPアップグレードサービス on VM」では、仮想化によりアップグレード検証環境・検証作業について大幅なコスト削減が図れるとしている。

 NTTデータは、2011年度までに50億円の売り上げを目指すとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top