エンジニア職の年収No.1は?〜DODA 職種別平均年収ランキング2008 | RBB TODAY

エンジニア職の年収No.1は?〜DODA 職種別平均年収ランキング2008

ブロードバンド その他

エンジニア職種ランキング 
  • エンジニア職種ランキング 
  • 総合ランキング
  • 年代別ランキング
 インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は18日、「DODA職種別平均年収ランキング2008年版」を発表した。

 2007年8月〜2008年7月の期間に、「DODA転職支援サービス」に登録した転職希望者(25〜39歳/平均年齢30.5歳)約10万人の給与データを集計したもの。

 それによると、サブプライムローン問題や原油価格の高騰を背景とした国内の景気減速が影響し、多くの職種で平均年収が下落したという。全職種の平均年収は前年比19万円減の461万円(平均年齢30.5歳)となった。同調査では、来年の平均年収金額へも影響が及ぶとの予測を立てている。

 一方で、平均年収が増加した職種として、「投資銀行業務」(827万円、前年比35万円増)、「金融バックオフィス(555万円、同27万円増)」、「ITコンサルタント(612万円、同10万円増)」などがあげられた。やはりサブプライム問題の影響によるもので、年収レンジの高い外資系出身者が転職を考え動きはじめたことで平均値が上昇したと同調査では推測している。

 具体的な年収では、IT・製造系のエンジニア23職種のランキングは、1位「ITコンサルタント」(612万円)、2位「プロジェクトマネジャー」(605万円)、3位「セールスエンジニア、フィールドアプリケーションエンジニア」(549万円)となった。ITコンサルタントは、一般的にハイレベルな能力が求められるため、年収もIT業界でトップ水準になりがちだ。最近の傾向としては、内部統制やコンプライアンスの体制強化に取り組む企業が多いため、業務系のプロジェクトマネジャーなども、人材需要が高い状態が続いているとのこと。

 総合ランキングでは、前年に引き続き、「投資銀行業務」が827万円で第1位。次いで、「運用会社(ファンドマネジャー、アナリスト、ディーラー)」(656万円)が第2位。第3位は、前年4位から1つ順位を上げ、「経営企画・事業企画・新規事業開発」(614万円)がランクイン。上位10職種のうち、4職種を金融系、3職種をエンジニアが占める結果となった。

 年代別ランキングでは、2007年のランキングで25〜29歳、30〜34歳、35〜39歳、すべての年代でトップ10に入っていた「プロパティマネジャー、不動産専門職」が、今回はランク外となり、不動産市場の停滞が年収にも反映されていることが明らかとなった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top