携帯電話の割賦方式やはり不評、4割が抵抗アリ〜アイシェア調べ | RBB TODAY

携帯電話の割賦方式やはり不評、4割が抵抗アリ〜アイシェア調べ

ブロードバンド その他

割賦販売は購入しやすくなったか
  • 割賦販売は購入しやすくなったか
 アイシェアは4日、同社のサービス会員をパネラーとする「割賦購入に関する意識調査」のリサーチ結果を発表した。

 2008年8月25日〜26日の2日間に行われた調査で、有効回答数は417名(男女比:男性:50.6% 女性:49.4%、年代比:20代:17.5% 30代:48.4% 40代:26.1% その他:7.9%)。携帯キャリア比率は、ドコモが34.5%、ソフトバンクが37.4%、auが28.3%、ウィルコムが10.1%、イー・モバイルが3.1%。

 同調査によれば、携帯電話を割賦購入したことがある人は全体の34.8%で、残り65.2%は割賦購入の経験がなかった。携帯キャリア別に見ると、割賦購入経験者は、割賦方式の導入がもっとも早かったソフトバンク利用者では60.3%にのぼったが、ドコモで30.6%、ウィルコムで35.7%、auで14.4%と、必ずしも利用が進んでいるとはいえない状況が明らかになった。

 割賦方式自体についても、「とても購入しやすくなった」はわずか2.4%、「購入しやすくなった」は7.0%で、肯定派は全体の1割未満。過半数の62.1%が「どちらともいえない」と答え、「購入しづらくなった」が14.9%、「とても購入しづらくなった」が13.7%と、否定派が肯定派を大きく上回る結果となった。

 同調査では、「割賦購入のしやすさは、条件となる自分名義の預金口座やクレジットカードの保有状況も影響している」との見方を示し、その論拠として性別、世代別では、「購入しやすくなった」と答えた男性が10%で、女性の3.9%より高めな点、また20代の肯定派が2.7%と非常に低かった点をあげている。

 携帯電話の割賦購入についてどう思うかとの問いには、「抵抗がある」が39.6%、「良いと思う」が16.3%、「どちらともいえない」が44.1%。性別、世代別、携帯キャリア別を問わず「抵抗がある」が「良いと思う」を大きく上回ったが、40代では「良いと思う」が22%と、他より高めだった。また携帯キャリア別では、「良いと思う」比率がドコモで19.4%、auで9.3%、ソフトバンクで16.7%と、わずかながら意識の差が伺えた。
《冨岡晶》

関連ニュース

page top