意外? ソフトバンクユーザーはauへの乗り換え指向が6割 | RBB TODAY

意外? ソフトバンクユーザーはauへの乗り換え指向が6割

 28日、アップデイトは携帯端末に関する実態調査を発表した。

ブロードバンド その他
端末満足度
  • 端末満足度
  • もしも、利用している携帯会社を変更するならどの会社にしますか?
  • 各携帯会社のイメージについて
  • 携帯電話を選ぶときに必要な機能(男性)
  • 携帯電話を選ぶときに必要な機能(女性)
  • 現在最も多く利用している機能(男性)
  • 現在最も多く利用している機能(女性)
 28日、アップデイトは携帯端末に関する実態調査を発表した。

 2回目となるこの調査は、8月8日から18日の間、「モンキータウン」や「blogri」など全国13のケータイサイトのユーザーに対して行われた。有効回答総数は4,697件で、男女比率は男性30.9%、女性69.1%と女性からの回答が多いものとなっている。

 まず、利用している携帯端末についての満足度については、満足(満足、やや満足))と答えた人が68.7%、不満(不満、やや不満)と答えた人が18.3%となり、全体のおよそ7割が現状の端末に満足している結果となった。これを、キャリア別にみると、ドコモ、auがともに満足(同前)が7割前後、不満(同前、以下同)が10%台なのに対し、ソフトバンクは満足が62.3%と6割前半、不満が22.8%と20%を超えている。料金満足度については複数の調査で満足度の高いソフトバンクだが、端末に不満を持つユーザーが少なくないということだろう。

 キャリア変更の意向について、各キャリアユーザーごとに集計した結果では、ドコモユーザーはソフトバンクよりauに移行したい人がわずかに上回っている。auユーザーは逆にドコモよりソフトバンクへの移行を望むユーザーが多い。ソフトバンクユーザーは圧倒的にauへの移行希望が強い結果となった(グラフ参照)。

 自分の利用しているキャリアのイメージが良くなったかどうかという質問では、ドコモユーザーは「良くなった」が23.4%、「変わらない」が67.3%だった。ロゴ変更など大々的なイメージ戦略を打ったドコモだが、評価は厳しいようだ。しかし、「変わらない」という評価は必ずしもマイナス評価とは限らないので、ブランド戦略が失敗したとは断言できない。イメージについては、ソフトバンクの「良くなった」が34.9%、auが38.8%とトップだった。

 その他、携帯端末を選ぶときに必要な機能という質問では、「音楽」「アプリ」「赤外線通信」が60%以上、セキュリティ、ワンセグが40%以上と上位を占めた。しかし、よく使う機能という質問では、「音楽」「アプリ」「PCサイト閲覧」「デコメ」などが上位となり、必要な機能と使用頻度は必ずしも一致しないことがわかる。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top