ビクター、2つの新開発構造を採用したカナル型イヤホン——実売6,000円 | RBB TODAY

ビクター、2つの新開発構造を採用したカナル型イヤホン——実売6,000円

 日本ビクターは、新開発「デュアルシリンダー構造」と「トップマウント構造」を採用したカナル型イヤホン「HP-FXC70」を発表。9月上旬に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は6,000円前後。

IT・デジタル その他
ブルー
  • ブルー
  • ダークシルバー
  • 製品構造イメージ
 日本ビクターは、新開発「デュアルシリンダー構造」と「トップマウント構造」を採用したカナル型イヤホン「HP-FXC70」を発表。9月上旬に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は6,000円前後。

 同製品は、高比重ハウジングに比重の大きいブラスリングを内蔵し、振動ロスを低減する新開発「デュアルシリンダー構造」と、径5.8mmの小型サイズながら広帯域再生を実現した新開発「マイクロHDユニット」を音筒部の先端に搭載する「トップマウント構造」を採用。ドライバーユニットを直接耳穴に入れることが可能となり、より高精細で迫力あるサウンドを再生するという。さらに、遮音性の高い密閉構造により、外部音の大幅低減と音漏れの低減の両立を図った。

 コードからのタッチノイズを抑える「制振ジェル」をハウジング内部に内蔵。音質劣化の原因となる不要な振動を低減する。

 最大入力は150mW、再生周波数帯域は8Hz〜25,000Hz、音圧レベルは103dB/mW。重さは4.9gで、コード長は0.8m。プラグ形状は24k金メッキの3.5mmステレオミニ。付属品は3サイズ各2個のシリコンイヤーピース/0.7m延長コード/キャリングポーチなど。カラーはブルー/ダークシルバーの2色。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top