日本オプロ、D&BTSRへ帳票出力SaaS「OPROARTS for Salesforce」を提供 | RBB TODAY

日本オプロ、D&BTSRへ帳票出力SaaS「OPROARTS for Salesforce」を提供

 日本オプロは26日、ダン アンド ブラッドストリートTSRへ帳票出力SaaS「OPROARTS for Salesforce」を提供し、セールスフォース・ドットコムが提供するSalesforce上での見積作成ワークフローシステムを開始したことを発表した。

エンタープライズ その他
 日本オプロは26日、ダン アンド ブラッドストリートTSRへ帳票出力SaaS「OPROARTS for Salesforce」を提供し、セールスフォース・ドットコムが提供するSalesforce上での見積作成ワークフローシステムを開始したことを発表した。

 ダン アンドブラッドストリートTSRではこれまで、見積作成においてEXCELやWordを利用して個別のワークフローシステムで対応していたが、ワールドワイドにSalesforceの導入が決まったために、個別のワークフローシステムをSalesforce上で実現するために「OPROARTS for Salesforce」を導入し、運用を開始した。

 これにより、個々に作成されていた見積作成、見積内容の承認処理をSalesforce上で統一でき、また承認後の押印処理等もOPROARTS for Salesforceで自動的に行うことができ、支店からの見積申請等のワークフロー業務が改善されたという。

 主な効果としては、「見積書の申請処理において、承認後の自動押印による業務の簡素化」「統一された見積作成による、改ざん防止」「短期間での導入(約1か月でのシステム稼動を実現)」があげられている。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top