企業のIT投資、SMB市場で高い成長率を見込む——IDC JapanのIT投資動向 | RBB TODAY

企業のIT投資、SMB市場で高い成長率を見込む——IDC JapanのIT投資動向

エンタープライズ その他
企業規模別IT投資成長率の推移 2007年〜2010年
  • 企業規模別IT投資成長率の推移 2007年〜2010年
 IDC Japanは14日、2008年〜2012年国内IT投資規模予測と、各産業分野における企業規模別のIT投資動向を発表した。それによると企業規模別の2007年のIT投資成長率は以下の通り。

大企業(1,000人以上):2.6%
中大規模企業(500〜999人):6.6%
中規模企業(100〜499人):4.4%
小規模企業(1〜99人):4.3%


 大規模企業のIT投資成長率が伸び悩む一方で、SMB(Small and Medium Business:中堅中小企業)のIT投資は堅調に推移した。一方、2008年の大企業におけるIT投資は、大手銀行のシステム統合といった大型案件のほかに、コンプライアンス対策や基幹システム統合/再構築などのIT投資需要から、成長率は上昇するとしている。SMB市場では、関連会社、取引先の大企業からの要請によるシステム基盤整備/強化、セキュリティ機能の拡充などの促進要因で、中大規模企業を中心にIT投資が活性化。SaaS/ASPの活用といった効率性の高いIT投資がSMB市場で広く受け入れられると見込んでいる。

 しかし、国内況からSMBを中心に、IT投資の見直しを行うなど慎重な姿勢が強まることも想定されます。2008年の前年比成長率は大規模企業が4.1%、中大規模企業が5.0%、中規模企業が3.9%、小規模企業が3.9%と予測してる。

 2007年から2012年まで5年間のIT投資年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は国内IT投資全体で1.7%、規模別では以下の通り見込んでいる。

大企業:2.3%
中大企業規模:3.5%
中規模企業:2.9%
小規模企業:2.9%
営利企業以外(官公庁、教育、消費者市場):マイナス2.3%
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top