“カエルコール”は電話? メール?〜「家族への連絡」は意外な結果 | RBB TODAY

“カエルコール”は電話? メール?〜「家族への連絡」は意外な結果

エンタメ その他

家族への連絡手段
  • 家族への連絡手段
 アイシェアが「家族への連絡に関する意識調査」を実施。“カエルコール”が話題になって20年、家族への連絡手段の実態はどうなのか。5月27日から5月29日に、20代〜40代を中心とするネットユーザー男女474名の回答を集計した。

 直近一週間に家族に取った連絡手段について「電話とメールどちらが多いか」を聞いたところ、全体では「電話」が41.4%、「メール」が43.2%とほぼ互角。しかし男性では「メール」が39.6%、「電話」が44.6%なのに対し、女性は「メール」が47.7%で「電話」(37.4%)より10ポイント上だった。

 意外なことに年代別では、「メール」が20代で38.2%、30代では41.9%、40代では47.0%と年代が上がるにつれアップしており、未既婚で見ると、既婚者56.1%に対し、未婚者は30.2%。男性より女性、若者より中高年、未婚者より既婚者の方が「家族への連絡はメール」派の比率が高くなっている。

 「仕事が終わったら家族や恋人に『今から帰る』という連絡をしている」としたのは、既婚者では61.1%、未婚者では39.1%。既婚者を年代別に見ると、20代、40代では半数近くが「今から帰る連絡をしない」と答えているのに対し、30代では約7割が「する」と回答。また、30代既婚者は、他の世代を上回る51.4%が「今から帰るメール」をしていると答えており、30代既婚者の“マメさ”がうかがえる結果となった。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top