アッカ、イー・モバイルのMVNOサービスを開始! | RBB TODAY

アッカ、イー・モバイルのMVNOサービスを開始!

エンタープライズ モバイルBIZ

ドコモのデータ通信カード(左)の例とイー・モバイルのデータ通信カードの例(右)
  • ドコモのデータ通信カード(左)の例とイー・モバイルのデータ通信カードの例(右)
 12日、アッカ・ネットワークスは、イー・モバイルのMVNOとして高速データ通信サービスの提供を受け、6月中にサービスを開始する基本合意をしたと発表した。

 アッカは、8日に「ACCA mobile(D)」として、6月1日よりNTTドコモのFOMA網を利用したHSDPAサービスをMVNOで提供すると発表しているが、今回、そのラインナップにイー・モバイルのデータ通信サービスが追加されることとなる。サービス名称は「ACCA mobile(E)となり、通信速度は下り最大7.2Mbps、上り最大384kbspとなっている。サービス開始は6月中としているが、具体的な開始日、料金を含めたサービス内容は未定としている。

 アッカ広報によれば、6月1日より開始するACCA mobile(D)との違いや差別化は、アッカからユーザーに提供するデータ通信カードがドコモ支給のハードウェアになるかイー・モバイルのカードになるかの違いと、それぞれの持つモバイル通信網の持つ特徴になるという。ドコモタイプは、法人向けを意識したもので、セキュリティや海外ローミングなどに魅力を感じる層にアピールでき、イー・モバイルタイプは、法人、個人と限定せず、イー・モバイル端末のブランドや特性、料金プランなどでユーザーの選択肢を広げたい考えのようだ。

 アッカは、固定通信事業で競合するイー・アクセス(イー・モバイルはグループ企業)と資本関係にあり、一時は経営方針と役員人事をめぐって緊張した関係にあった時期もあった。今回の基本合意の背景に、一連の騒動の影響や戦略があったのでは、との質問には、アッカ広報は「アッカが固定系からFMCへ展開するにあたり、ドコモ、イー・モバイルそれぞれの得意分野や強みを評価させていただいて、こちらから提案をお願いした。」との回答だった。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top