舞台は“日本第3の都市”ソウル!? 「ロスト・メモリーズ」 | RBB TODAY

舞台は“日本第3の都市”ソウル!? 「ロスト・メモリーズ」

エンタメ その他

ロスト・メモリーズ
  • ロスト・メモリーズ
  • ロスト・メモリーズ
  • ロスト・メモリーズ
 ブロードバンド放送「GyaO」の「映画ch」では、チャン・ドンゴンと仲村トオルが共演した「ロスト・メモリーズ」の配信を開始した。配信期間は2月25日正午まで。

 「ロスト・メモリーズ」は、もし1909年にハルピン駅で伊藤博文が暗殺されていなかったら、という大胆な仮説に基づいたSFアクション。主演のチャン・ドンゴンが、流暢な日本語を披露。共演の仲村トオルと激しいアクションに挑む。

 本作がデビュー作となったイ・シミョン監督は、この作品で韓国のアカデミー賞“大鐘賞”新人監督賞を受賞。ほかにも、仲村トオルが外国人の受賞は初となる助演男優賞を受賞。4部門受賞の快挙を達成した。

 1909年、中国ハルピン駅での伊藤博文暗殺は失敗に終わり、日本は米国との同盟を結び連合軍側として第二次大戦に勝利。日本の朝鮮半島統治が続いた。100年後の2009年、日本第3の都市ソウルでは、水面下で朝鮮独立を目指すテロ集団が活発化。日本特殊捜査局の朝鮮系日本人の坂本や西郷ら特殊要員がテロを鎮圧していたが、坂本はテロ捜査の過程で思いもよらぬ事実を掴む。
《井藤祥子》

関連ニュース

特集

page top