「ケータイ・ジャーナリスト・コンテスト2007」開催〜身のまわりの社会問題を募集 | RBB TODAY

「ケータイ・ジャーナリスト・コンテスト2007」開催〜身のまわりの社会問題を募集

 財団法人明るい選挙推進協会とヤフーの政治情報総合サイト「Yahoo!みんなの政治」は19日に、“若年層の政治、選挙、社会問題への関心を高める”ため、啓発企画「ケータイ・ジャーナリスト・コンテスト2007」を開催することを発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
 財団法人明るい選挙推進協会とヤフーの政治情報総合サイト「Yahoo!みんなの政治」は19日に、“若年層の政治、選挙、社会問題への関心を高める”ため、啓発企画「ケータイ・ジャーナリスト・コンテスト2007」を開催することを発表した。

 昨年に引き続き2回目の開催となるもので、昨年開催された第1回「ケータイ・ジャーナリスト・コンテスト」においては、3,656点の作品の応募があったとのこと。本年度の審査員長は岸井成格氏、審査員は江川達也氏、香山リカ氏、野口健氏、八塩圭子氏が務め、19日より作品の募集を開始する。

 応募者は、環境問題、福祉問題、少子化問題をはじめとした社会問題全般をテーマとして、何気ない普段の生活の中で気づいたこと、社会に対して思ったことを撮影し、簡単なタイトル(20文字以内)とメッセージ(250文字以内)を添えて、パソコンまたは携帯電話のいずれかで応募する。作品は、審査員によって「視点の鋭さ」や「作品の持つ社会性・メッセージ性」など、さまざまな角度から審査される。11月19日〜2月3日を応募期間として作品の募集を行い、5期に区切られた各期ごとに一般によるインターネット投票によって50作品が選出される。その50作品を審査会で15作品程度に絞って入賞とし、それを再び一般によるインターネット投票にかけ、グランプリを決定、表彰式は3月に行われる。

 グランプリ1名にはトロフィーと副賞(日本の世界遺産の旅)、準グランプリ1名にはトロフィーと副賞(高機能電子辞書)、審査員特別賞5名には盾と副賞(デジタルムービーカメラ、および審査員直筆サイン入りグッズ)、Yahoo!みんなの政治賞1名には盾と副賞(Yahoo! JAPAN オリジナルグッズ)、優秀賞7名には盾と副賞(iPod nano)、審査会に進んだ50作品を対象した佳作には図書カードが贈られる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top