ソネット、バナークリックで広告出稿者と電話で通話できる「もしもしクリック」 | RBB TODAY

ソネット、バナークリックで広告出稿者と電話で通話できる「もしもしクリック」

ブロードバンド その他

仕組み図
  • 仕組み図
  • 利用方法
 ソネットエンタテインメントは1日、ウェブサイトに掲載されているバナー広告をクリックすることでユーザーが指定した電話とサイト運営者の電話を接続し、音声通話ができるサービス「もしもしクリック」を発表した。申し込み受付は即日より、サービス提供は9月3日より開始される。

 もしもしクリックは、サイト閲覧者がバナー広告をクリックした際に表示されるポップアップにサイト閲覧者の電話番号を入力すると、もしもしクリックサーバから着信が行われ、バナー広告出稿者と通話ができるサービス。同社では、サイト閲覧者は無料で通話できることにくわえ、サイト運営者もIP電話の料金体系が適用されるため、通話コストが削減できるとしている。また、サイト閲覧者もバナー広告出稿者もお互いに電話番号を知らせる必要がないため、ユーザーに安心感を与えられるのも利点のひとつだ。

 さらに、媒体ごとのクリック数・入電数を日次レポートで確認できる「デイリーレポート」、営業時間外に入電があった際に折り返し電話の依頼を受けられる「折り返し電話機能」、サイト閲覧者が発信者番号通知で電話をかけて電話番号を登録することで誤入力やいたずらによる誤発信を防ぐ「誤発信防止機能」がバナー広告出稿者向けに用意されている。

 設定費用は基本料金が3万1,500円、チャネルごとに735円、月額費用は基本料金が2万1,000円〜5万2.500円、チャネルごとに1,050円、ユニバーサルサービス料が7.35円。このほか、通話料金が必要となる。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top